• PR
  • 実は私もビッグマック好き Vol.2

    実は私もビッグマック好き:まさかのあの著名人が語る、成功する人の法則とは?

    前回に引き続き、ビッグマックに一家言ある著名人にインタビューを敢行。世に出る人は食のスタイルも面白く、マクドナルドの思い出もユニークだ。

    多方面で活躍する男女3人が話してくれたのは、ビッグマックを食べることによる気持ちの満足度。

    身体にとっても心にとってもご褒美となるビッグマックを、成功している人は食べていた!

    実は私もビッグマック好き Vol.1:あの憧れのモデルも日頃からガンガン食べていた!


    ビッグマックラバーvol.3
    「マクドナルドには家族の思い出がいっぱいあります」
    おのののか(25歳)


    じつはビッグマックは女性にも似合う。ほんわかしたかわいらしいルックスで人気のタレント、おのののかさんもビッグマックラバーだ。

    フェミニンなイメージのおのさんはじつは運動神経抜群で、学生時代はバスケットボール部で活躍していた。その部活の帰りに、よく仲間とマクドナルドに立ち寄った。

    「部活後はお腹がペコペコだし、体育会系のみんなはガッツリした食べものが好きだったから、ビッグマックが人気でした」

    ビッグマックには、家族での思い出も多い。記憶をたどると、マクドナルドへの目覚めは随分早かったようだ。

    「お父さんが週末にビッグマックを買ってきてくれて、家族でよく食べていました」

    また、妹さんがマッククルーのアルバイトをしていたこともあり、マクドナルドに対する親しみも強い。

    「お母さんと一緒に妹の働いているところを見に行きました。子供だと思っていた妹だったから、クルー姿にしみじみしましたね」


    「ビッグマックを食べると、“幸せ〜!”という気持ちになります」


    ビッグマックに関する、こんな豪快なエピソードも飛び出した。

    「いちばん最近は、友達とごはんを食べてお酒を飲んだあと、最後の〆にマクドナルドを食べに行きました。夜中の3時くらいです(笑)。しかも私たちが頼んだのはまさにビッグマック!その日は友達の誕生日で、“特別だから何でもしたいことしよう!”と夜中に行って、幸せでした!」

    スタイル抜群のおのさんだけれど、ダイエットは気にならないのだろうか? ビッグマックがひとつ約530kcalと伝えると、とても驚いていた。


    「意外!もっとカロリーが多いと思っていました。食べて運動するのが幸せなので、私はカロリーはそんなに気にしないです。食べすぎた次の日には筋トレをしたり外を走るようにしています。

    女の子はビッグマックを食べるのに抵抗があるかもしれないけれど、お肉をとるのは身体にいいし、カロリーも思ったより少ないし、何より美味しいからみんなに食べてほしい!

    大きい口を開けるのは恥ずかしいと思うかもしれないけれど、元気に頬張っている女の子の姿は誰がみてもかわいいはず。だから恥ずかしがらずに、あの美味しさを試してほしい。食べている時の幸福感は計りしれないですよ!」

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo