史子の心理学 Vol.4

遊んでいる男性を見分ける、たった1つの質問

なぜか急に、意中の相手から連絡が来なくなる。

なぜかある日を境に、友達がよそよそしくなる。

あなたにも、こんな経験はないだろうか。

普段のなにげない言動が実は、相手の心を閉ざす引き金になっているかもしれない。

心理カウンセラー・史子(アヤコ・32歳)は、そんな日常の言動に切り込み、解決策を提案するのが趣味。

これまで、高学歴の人間が無意識にしがちな非モテ発言、仕事でうまくいかない上司を手玉に取る方法、食事会を15分で去った男がモテた理由に切り込んできた。さて、今回の相談者は…?


「2人の男性で迷っているの」と妹から相談される、史子


「今、デートしている男性が2人いてね。迷っているの」

くりっとした瞳をきらきらさせて、双葉(ふたば)はおもむろに切り出した。

史子の妹の双葉は、26歳。大手証券会社の受付嬢をしている。

色白のなめらかな肌にくりっとした小動物のような目、赤みのあるふっくらした唇。小柄で華奢なからだ。なんとなくふわふわした雰囲気で、甘え上手。

形容するなら“砂糖菓子”のようなこの妹は、きりっとした美人の史子とは対照的な雰囲気だが、史子に負けず劣らず男性からの評価が高い(市場は全く異なるが)。

―お姉ちゃん、恋愛相談にのってちょうだい。

双葉からLINEで呼び出され、史子は今日、恵比寿の『マディソンニューヨークキッチン』でランチをしている。

どうせ私がごちそうするハメになるのよね…と思いつつ、6つも年の離れた妹に甘えられると、結局可愛くて、聞いてあげてしまう。

「どんなタイプの2人なの?」

ふふふ、と嬉しそうに笑いながら、それぞれ別のお食事会で知り合ったの、と双葉は話し始めた。

1人はメガバンク勤務の男性で、同い年の26歳。社交的で優しく、爽やかなタイプらしい。もう1人は、ITベンチャーで営業をしている男性で、2つ上の28歳。男らしい雰囲気だが、愛想がいいタイプではなく、何を考えているか分からないところがあるらしい。

「どちらも、2人で喋っていると楽しいの。でも彼氏にするなら、誠実な人がいい。どうやって見分けたらいいかな?」

【史子の心理学】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo