ルトロン:旅とグルメ Vol.16

カレー好きに人気沸騰!人気インド料理レストランのイチオシ3選

2017年は、ビリヤニやカレーなどの南インド料理がブレイク寸前! そこでぜひ訪れたいのが、本場南インド料理が堪能できる永田町の「エリックサウス 東京ガーデンテラス店」。

南インド気分を味わえる、おすすめ料理をご紹介します♪

ルトロン

南インド料理を堪能!『エリックサウス 東京ガーデンテラス店』

地下鉄永田町駅を降りて徒歩1分ほどの「東京ガーデンテラス」2階にあるのが、本場の南インド料理が堪能できるレストラン『エリックサウス 東京ガーデンテラス店』です。

ランチでは自慢のカレーやビリヤニが食べられ、夜には本場南インドのおつまみとお酒を堪能できます。

おしゃれでカジュアルな空間なので、女性一人でも入りやすい雰囲気です。

野菜の風味を堪能できる! 「ベジタブルビリヤニ」

「ベジタブルビリヤニ」(1,000円)は、スパイスの程よい辛さと味わい深さがクセになる一品。

南インドの聖地ともいわれるハイデラバードのクラッシックスタイルで重ね蒸しをして、オーダーごとに一人前ずつ丁寧に仕上げて提供しています。

独自のスパイス使いが野菜本来の風味を引き出した、野菜好きにはたまらないビリヤニです。

ラム肉の旨味がじゅわっ! 「ラムビリヤニ」

ハイデラバードのクラッシックな重ね蒸しスタイルで作られる「ラムビリヤニ」(1,390円)は、旨みたっぷりのラム肉が絶品の一品。

インドの最高級香り米であるバスマティライスに、青唐辛子がメインのスパイシーなマサラとこだわりのハーブやスパイスを加え、香り豊かで贅沢なごちそう炊き込み御飯になっています。

一人前ずつ仕上げているので、時間に余裕を持って注文すると◎。

南インド料理の真骨頂! 「日替わり菜食カレー」

「日替わり菜食カレー」(500円)は、その時々の旬の野菜を使った一品です。撮影時は「ゴビマサラ」。

南インドではとてもポピュラーだそうで、カリフラワーをメインにした菜食カレーです。ドライでスパイシーな仕上がりが思わずクセになる一品! お試しで食べたい人にはプチサイズ(200円)がおすすめです。

日本にいながら本場の味が堪能できるお店に、足を運んでみてください。

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【ルトロン:旅とグルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo