赤坂の夜は更けて Vol.1

赤坂の夜は更けて:俺はもう、おじさんなのか?41歳男が溺れた、ひと回り下の彼女

夜更けの赤坂で、男はいつも考える。

大切なものができると、なぜこんなに怖くなるのだろう。

僕はいつも同じところで立ち止まり、苦しみ、前を向こうとして、またつまずく。

赤坂で、男はある女と出会う。彼女の名前はハナ。ひと回りも年下の女だった。

夜が更けていくたびにどんどん深くなる男の心の闇に、ハナは一寸の光となるのか…?


「あー。やっちゃった…」

水曜の25時、夜もすっかり更けたころ。

たっぷりお酒を飲んだあと、上機嫌で井上さんのマンションに向かっていた。その途中、井上さんは大切なことを思い出したように声を発する。

どうしたの、と聞くと「今日雨が降ったよな。洗濯物干しっぱなしだった」と悔しそうに言った。

井上さんは今年、41歳。29歳のハナとはちょうど一回り違う。いい歳の男がしょんぼりしている姿というのは、とても可愛いらしいと思う。

大したことないじゃない、と思いつつ、「やっちゃったねぇ」と言った。うなだれている井上さんを、ちょっといじめたくなったのだ。

マンションに着くと、ホテルのような広いエントランスを抜け、エレベーターで38階まで登る。

井上さんの部屋から見る東京タワーが、ハナは大好きだ。

暖かいオレンジ色の東京タワーは、春の曇天のせいか輪郭がいつもよりぼんやりとにじんでおり、この曖昧な境界線にとても安心するのだ。

「明日は、晴れるかな」

そうつぶやく井上さんの顔は真剣そのもので、その様子にくすりと笑ってしまった。

【赤坂の夜は更けて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo