私、港区女子になれない Vol.10

おじさまを転がせても、彼の母親に嫌われる港区女子。慶應一族から受けた、強烈な洗礼

港区女子。

それは“女”としての魅力を最大限に利用し、したたかに生きる女たち。

一方、東京では高学歴やキャリアを武器に、自立して生きる女性たちは口を揃えてこう言う。

「私、港区女子になれない」

慶應義塾大学卒、大手広告代理店勤務の篠田涼子(29)もそのうちの一人。 彼女の目の前に、典型的な港区女子・香奈が現れる。

香奈は涼子の大学時代の元カレ・洋輔に接近。2年間不倫関係にあった倉田と別れ、すぐに洋輔の家で同棲を開始

傷心の涼子に、大学の先輩・麻美が、IT企業を経営するイケメン・小林誠を紹介してくれたが、彼の意地悪な発言に涼子は憤慨。

その後、久しぶりにばったり香奈と遭遇。そこで香奈は涼子に、洋輔との結婚を匂わせ、涼子の心を再びかき乱すのだった。


港区女子が手に入れたい、強固な肩書


「ニューヨーク駐在が決まりそうなんだ。」

日付が変わる頃、めずらしく鼻歌を歌いながら上機嫌で帰宅した洋輔が、キッチンに立つ香奈に向かって大声を出した。

その声色には、隠し切れない喜びが滲んでいる。

洋輔は総合商社の財務部門におり、ニューヨークもしくはロンドン駐在の可能性がある、と以前から言っていた。そして、どちらかというと俺はニューヨークに行きたい、とも。

「すごい!希望通りニューヨークなんて、洋輔くんさすがね。」

飲んで帰ってくると日本茶を欲しがる洋輔に湯呑を差し出しながら、模範解答で応じる。尊敬をたたえた眼差しを送ることも、忘れない。

「香奈も一緒に行ってくれる?…ニューヨーク。」

隣に座った香奈を抱き寄せ、弾んだ声を出す洋輔の右胸に頭を預けながら、香奈は口元を緩ませた。

「もちろんよ。…嬉しい。」

既に化粧を落としている香奈があどけない笑顔で洋輔を見上げると、彼は満足そうに頷き、唇を近づけるのだった。

このタイミングで駐在の話が出るなんて、追い風だ。

来月、香奈は30歳の誕生日を迎える。きっと、そのタイミングでプロポーズされるに違いない。

男に頼り男の愛を利用して生きてきた香奈は何も持っていないが、洋輔と結婚すれば強固な肩書きが手に入る。

慶應卒商社マンの妻、という肩書きが。

その肩書きは香奈にとって、バーキン以上に魅力的だ。何も持たぬ30歳目前の女が手に入れるべきものは、好条件の男との結婚に違いないのだから。

【私、港区女子になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo