みんなでヤマトを救え!再配達を無くす、押印機能つき設置型宅配ボックスが熱い!

先日、ニュースで大々的に取り上げられたヤマト運輸の再配達システムの見直し。時間指定見直し対象として浮上しているのが、昼食休憩でドライバーが手薄になる「12~14時」と、自宅に帰宅したビジネスパーソンたちの指定が集中する「20~21時」。

そんな中、注目を集めているのがパナソニックの宅配ボックス「COMBO(コンボ)」だ。
宅配業者が自分でボタンを押して、受取伝票にハンコをつく仕組み。扉の開閉なども含めて電気配線工事の必要がない機械式のため、電気代がかからず、設置の際の手間も少ないのが特徴。

朝から遅くまで忙しく働くビジネスパーソンや留守がちの共働き世帯など、宅配業者から対面で荷物を受け取ることが難しい人たちにとって便利!

4/3(月)から発売される新商品を含め、さっそく話題の宅配ボックスを紹介しよう!

押印・施錠もおまかせ!電気工事不要の簡単装置!

操作部はとてもシンプルで、操作もとても簡単。使い方が番号で示されているので、宅配業者の方にも分かりやすい♪

不在時に届いた荷物を受け取り、受領印が押せる!

よくマンションに取り付けられているのは目にする“宅配ボックス”だが、こちらはパナソニックが発表した戸建住宅用。書籍やCD、DVDなど小型宅配物のニーズが増加している事で、荷物に合わせたコンパクトタイプの宅配ボックスが新しくラインアップされた。

何よりも特徴的なのが、荷物を入れて扉を閉めると捺印が可能!いたずら防止で、押せるのは1回だけというセキュリティ面もバッチリだ。もちろん、ポストに投函できない郵便扱いの荷物も、この宅配ボックス「COMBO」で受け取れる。

電源不要のため、住宅の壁面にも簡単に後付け可能なところが嬉しい♪コンビニや営業所での受け取りも便利だが、これからは、家にいなくても宅配物が受け取れる時代がキタのだ!

電源不要のため、住宅の壁面にも簡単に後付けが可能!

「COMBO」の特徴をピックアップ!

①不在時や在宅時でも、荷物を受け取り受領印が押せる!(印鑑は別途で用意が必要)

②小型化する荷物に合わせたコンパクトタイプをラインアップ

③住宅の外観デザインに馴染む、建築素材由来の4色ですべてのタイプをリニューアル

建築素材由来の4色の品ぞろえで、住宅の外観・デザインに違和感なく設置ができる。カラーはコンパクトタイプのほか、従来品のスリムタイプ、ハーフタイプ、ミドルタイプもリニューアルされた。

宅配ボックス「COMBO」は、こんな時にとっても便利♪

「あっ。この前頼んだ本、今日が配達予定だった!」

◆仕事で忙しいとき

「子どもだけの日はちょっと心配。でも今日は予定が…」

◆子どもだけでお留守番

「お皿洗って、掃除機かけて。」

◆家事で手が離せないとき

「(ピンポーン)…今かよ!!」

◆その他、何かとタイミングが悪いとき

設置スタイルや事例はさまざま!
実際に「COMBO」を使用した人たちの感想をご紹介!

大きさ幅ともに違和感なくすっきり。下校してきた子供が「ママ~緑が赤になってる~!」と。小さな小窓に受けとりできますが緑、荷物がありますが赤の表示。とてもわかりやすいです。

■使われている商品
コンボ コンパクトタイプ 前出し〈FF〉漆喰ホワイト色
CTNR4040LWS

ミドルサイズなので、結構大きめのものも入ると思います。防犯のため荷物が入っていなくても、自分で使用中にしたりしています。

■使われている商品
コンボ ミドルタイプ 前出し〈FF〉鋳鉄ブラック色
CTNR4020LTB

先ほどCOMBOを見たら扉が使用中の赤色に! 前回はスルーされたので今回は在宅の有無に関わらず宅配ボックス使って下さいと念の為伝えてみました。初使用だったので赤に変わっているを見た時、ちょっと嬉しかったです。

■使われている商品
コンボ スリムタイプ 前出し〈FF〉鋳鉄ブラック色
CTNR4010RTB

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo