今夜終電を逃したら!?深夜営業のサンドイッチ店でサク呑みという荒技をマスターしよう!

一杯飲んだあと、ちょっとだけお腹がすいてるかも…。そんなときに役立つ、深夜営業のサンドイッチ店を渋谷に発見!気軽なのに、旨い!でも、ちょっと変わってる…。そんなお店をご紹介します。

サンドイッチ片手に一杯飲める!
『ドレスのテイクアウト店』

JR渋谷駅西口から出て徒歩3分の場所に、その店はある。

取材に行ったのは、夜も更け始めた23時。ショーケースには、煌々と明りが灯され、美味しそうなサンドイッチとお惣菜が並ぶ。『ドレスのテイクアウト店』という一風変わった店名は、以前店主が営んでいた『dress(ドレス)』というダイニングバーから由来している。「以前、渋谷で開いていた『dress』というダイニングバーが、再開発のために立ち退かなければいけなくなって。その後に開いたのが、このお店です」と店主の森谷義則さんが語る。

店名のとおりテイクアウトを主とするけれど、イートインも楽しむことができる。3席しかないが、この席が狭いながらなんとも落ち着くのだ。店主の森谷さんによると、平均2時間、最長だと5時間ここで飲んだお客がいるとか。

サンドイッチは上からほど良い甘さの「苺とあんこクリーム¥380」、茹でたブロッコリーとたっぷりの千切りにんじんが入った「ブロッコリーとピーナッツバター味噌¥170」、さっぱりとしたソースが美味しい「トマトソースのハムカツ¥180」。

サンドイッチはどれもひと工夫されており、ここでしか食べられない味わいだ。味の基準となるのは、酒のつまみになること。バーで働いた経験もある店主が作るサンドイッチは、酒に合うようしっかりと味付けがされていたり、食感がいい野菜がたっぷり入っていたり…と、店主の細やかな工夫が光る逸品ぞろいだ。

上から、もっちりとした塩豚とパクチーがマッチした「塩豚パクチー¥220」、セロリの食感とオリーブの塩気が絶妙な「ツナセロリオリーブ¥180」。これら絶品サンドイッチにはワイン1杯¥500などと合わせて楽しみたい。

このカラフルでポップなほろと、ショーケースが目印。営業時間は12:00~15:00、17:00~26:00。終電を乗り過ごした…そんな夜に、一度のぞいてみてはいかがだろうか?

月刊誌「東京カレンダー4月号」は渾身の肉特集!


本記事で紹介したような、必食の肉料理がなんと103皿!最新・肉トレンドのすべてが1冊に詰まった東京カレンダー2017年4月号は絶賛発売中です!

気になった方は今すぐこちらから!

※断然お得な定期購読プラン開始!なんと3号連続で半額!!その後も20%OFFでご提供!!!
※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。


東カレYoutube東カレチャンネルはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo