デートの答えあわせ【Q】 Vol.2

ほろ酔いの彼女がふと、触れてきた時。男は一体どう動く?デートの答えあわせ【Q】

可能性は、なかったのか。

彼女たちはあの時、何を考えていたのか。

「いい雰囲気だったのに、なぜ?」

デートの帰り道にひとり、反芻する夜も、あるだろう。

でもその全ては、一切明かされぬまま、また別の女の子とのデートを重ねていく…

試験のように、デートの答えあわせができたのなら…


妙に気にかかってしまう女性というのが、男にはいる。菜穂との出会いもそうだった。

商社仲間の祐から誘われた飲み会。合コンというよりはカジュアルな感じで、もうすでに何度か飲んでいる男女4人グループにもう一人ずつ呼ぼうという流れだったらしい。そこで男側は俺が、女側は菜穂が呼ばれた。

「遅れてすみません。」

仕事が長引いたということで、30分後に来た菜穂は、いかにも仕事ができそうな印象だった。ゆるくパーマがかかった、肩下の髪。ジャケットの下には、綺麗めだがややぴったりしたワンピース。ふと耳に髪をかけた瞬間にのぞいた、華奢なゴールドのピアスが揺れる。

2軒目に行こうという流れになったときに、菜穂だけは帰る、と言いだした。

「ごめんなさい。明日すごく早くて。」

そう申し訳なさそうに眉を寄せ、女性陣とまた今度ゆっくり飲もうね、と肩を寄せ合った後に颯爽と帰っていく後姿を見ながら、俺はあからさまにがっかりした。

後日、グループラインから菜穂に個別で連絡をし、食事に誘った。

「いいよ。直近だと平日は最近忙しくて、金土の方がいいんだけど…大輔くん大丈夫?」

その方が助かります!と心の中で思いながら、日にちを決めた。

26歳。スタートアップ企業の広報をやっている菜穂は、サービスが最近注目されていることもあり、取材対応などで最近めっきり忙しいのだと話していた。社の顔として表に出なければないから、身なりも気を遣うし大変だ、とこぼしながらも、菜穂はイキイキしていた。

正直、菜穂みたいな女は専門外だ。合コンで出会う女の子たちは、「商社マン」に会いに来ていて、そこからデートにもっていくのも、家にもっていくのも結構簡単だった。

ここは、どういくか。そんなことを考えながら当日を迎えた。

金曜の夜20時。銀座。街行く人々は、何かに解放されたように楽しそうで、俺も足取りが軽くなる。少し早めに店に着き、菜穂を待つ。

『ラ・リュシオール』は隠れ家というにはぴったりで、店内もいい感じに照明が落とされ、雑居ビルの中とは思えない上質な空間。

「お待たせ。」

コートを預けた菜穂は、黒のニットのワンピースで、にっこり笑った。

【デートの答えあわせ【Q】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo