極上寿司ディナーで6,500円!コスパも満足度も素晴らしすぎる寿司コース発見!

(上段左から)「大トロ」、「神奈川県産エボダイ」、「天然ぶり」、「卵焼き」、「コハダ」(下段左から)「ヤリイカ」、「赤貝」、「蒸し車エビ」、「バフンウニ」、「神奈川県産さより」、「穴子」。

お待ちかね!豪華な鮨が次々に登場

前菜を食べ終えた頃合いを見計らって、鮨を握り始めてくれる。

1貫ずつ握りたての鮨がポンと目の前に置かれていく様子は「これぞカウンター寿司!」と思わせてくれるだろう。

こちらも日により内容は異なるがこの日のネタをいくつか紹介しよう。

「神奈川県産エボダイ」

まずは「神奈川県産エボダイ」。皮を軽く炙ってスダチを絞って醤油をサッと付けて味わおう。

さっぱりとした味わいと、炙られた香ばしさが魚の旨みを引き立ててくれている。

「穴子」

また、「穴子」は、塩、お酒、水でふっくら炊きあげ、あまり醤油を使わないのが同店のこだわりだ。

ほろっと身が口で溶けていく食感に、何個でも食べられてしまいそう。

気さくな店主・杉浦秀樹氏との会話も楽しみながらカウンター寿司を堪能したい。

穴子のすり身を入れて焼いた「卵焼き」も特徴的だ。甘めに仕上げられているが、しっかりと穴子の味も感じることができ、ふんわりと柔らかく仕上げられている。

店主・杉浦氏がタイミングを見計らいながら、ポンポンと握ってくれる鮨の合間には、「べったら漬け」などの時折箸休めが出てくることも。

お酒を飲みつつ、鮨を食べている合間にこういった心配りがあると、ついつい杯も進んでしまう。

靴を脱いで寛げる座敷スタイルのカウンター。

「東京カレンダーを見た!」で生ビール1杯サービス

こんなお得な鮨と前菜のコースを提供する『鮨まるばつ』。今回はさらに杉浦氏の心意気で「東京カレンダーを見た」と伝えると「生ビール」を1杯サービスしてくれるという!

この機会に「初めてのカウンター寿司」を体験してみてはいかがだろう?

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo