超一流シェフたちがハマる逸品!プロが薦めるテイクアウトグルメ6品

確かな舌をもつ料理のプロたちは、普段どんなグルメを指名買いしているのか聞いてみた。

有名店のシェフや、メディアで活躍する料理研究家たちが愛してやまないテイクアウトグルメはこの6品だ!

スゴ腕シェフが「完璧!」と称賛するローストチキンを自宅で。テイクアウトは1羽から販売。レモン、マスタード付き

ポール・ポキューズ氏、ジュエル・ロブション氏の下でフレンチの修業を積み、浅草駒形にモダンフレンチ『ナベノイズム』を開店。料理に雷おこしやそばがきなどを取り入れた、斬新なプレゼンテーションが話題に

『ブラッスリープーラルド』の
「ロティサリーチキン」¥3,500(一羽)

2016年、「東京カレンダー」レストランオブザイヤーグランプリに輝いた『ナベノイズム』の渡辺氏が絶賛するのは、高田馬場『ブラッスリープーラルド』のロティサリーチキン。

国産の若鶏を丸焼きしてから食べやすく骨を外し、中はしっとりジューシーな仕上がりに。「ベテランシェフ羽生田氏が本場フランスのロティサリーマシンで焼き上げる完璧なローストチキン!」

ブラッスリープーラルド
TEL:03-6915-2064

熟練の職人が丁寧に手焼きする、もっちり皮のひと口どら焼き。鮮度を重視するゆえ日持ちは常温で2日と短いが、そのぶん味は折り紙付き

モダンなつくりの中に伝統の味を調和させるスタイルは、パリで高く評価され、なかでもマカロン、ショコラの評価は高い。パリでの抹茶ブームの火付け役になるなど、情報発信型の新しいパティスリーを目指す

『鈴懸』の「鈴乃○餅」¥108(1個)

現在、パリを拠点にフランスと日本で活動している『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』の青木氏が推薦するのは、福岡の老舗『鈴懸』の佐賀県産ヒヨクモチを使用したひと口サイズのどら焼き。

1枚ずつ手焼きする繊細な舌触りと、十勝産小豆の餡が伴って完成する鈴懸の技の結晶。「もっちりとした食感の皮が独特で、一度に何個も食べてしまう。消費期限は短いものの、絶対にもらって嬉しい逸品」

鈴懸
TEL:03-3341-1512

北海道産の素材にこだわった、わさびの辛みが際立つ高級たらこ。塩分控えめで粒がきめ細かくしっかり

18歳で「山の上ホテル」に入社し、『てんぷらと和食 山の上』で修業を始める。23歳で料理長に就任し、以後20年余りの間、同店の名声を築き上げる。91年に独立し、銀座に「てんぷら近藤」を開業

『浪花亭』の「わさびたらこ」¥3,240

“日本一の天ぷら職人”との呼び声が高い銀座の匠、近藤氏が太鼓判を押すのが、辛みに代えてわさびで風味を際立たせた食通好みの北海道名物。北海道近海で捕れた鱈から取った大粒のたらこを、網走産の山わさびで漬け込み完成させたひと品だ。

プチプチした食感と塩っけが病みつきになる。「鼻に抜けるわさびの風味とたらこがマッチしてごはんにとっても合います」

すすきの浪花亭ショッピングサイト
http://www.kitanoomiya.com/

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo