銀座にも深夜デートできる店がある!遅めスタートOKな銀座ビストロ4選

仕事も恋愛も何かと忙しい年末。早くデートに行きたいのに、仕事が終わるのが遅くなりそう…。そんな日でも、諦めないで!

遅めの時間からでもキチンと美味しいものが食べられて、雰囲気のいいデートができる店が、銀座にあるんです!

牛モツの焼リゾット。実は牛モツの塩ポトフがベース。こんがりチーズとの相性バッチリ

※時期などによって、メニューの変動あり。

三ツ星級のフレンチバルで芝浦直送のモツ料理を『French-Bar Refuge』

新橋

銀座の路地裏、少しくらいわかりにくい場所にあった方がデート気分を盛り上げるもの。そんな場所にあるのが、フレンチなのに肩肘張らずにカジュアルに楽しめるバル『French-Bar Refuge』。

銀座のフレンチなのに、ワインが泡赤白と約20種グラス550円から飲めて、しかも料理が旨くて安い。こんな価格破壊なら大歓迎だ。

牛モツの塩ポトフ。ノルマンディ地方のトリップ・ア・ラ・モード・カンがお手本のあっさり派

作り上げる料理は、南仏のママン同様にアンチョビベースのアンショワイヤードソースやバジリコベースのピストゥーソースを料理にしのばせる。

芝浦直送の内臓を使った、牛モツの焼リゾットはそのW使い。リゾットと言えどもイタリアではなく、フランスのエスプリが香るモツキュイジーヌに仕上がっている。

鶏モツのメリメロ焼き。砂肝、レバー、軟骨、ボンジリをピストゥーソースで仕上げたひと品

デートなら10席を備えるオープンキッチンカウンターもよし、まったり時間を過ごし内ならボックスソファも居心地が良い。

ワインは所せましと並べられたボトルから好きなものを手に取って選ぶスタイル。こういった楽しみも女子が喜ぶポイントだ。そこに齊藤シェフが作り上げる絶品の料理があれば、ついついワインも進んでしまう。終電を逃さないよう、要注意のバルだ。

ボトルワインは店内に並んだものを手にとって選ぶシステム。掘り出し物がザックザク

店内はオープンキッチンのカウンター10席、テーブル18席。ボックスソファの席もある

左.カウンターの奥で展開する調理風景も楽しい。右.アスパラのブイヨンを使った、アスパラガスとサーモンのテリーヌ、奥はトリュフ入りの自家製のソーセージ、ブーダンブラン。メニューは日によって異なる。写真は一例

銀座で肩肘張らずにカジュアルフレンチ『ヴァプール』

新橋

銀座で深夜スタートの王道といえば、やっぱりここだろう。有名店が居並ぶ銀座のコリドー街で、ひときわ賑わいを見せるフレンチバル『ヴァプール』だ。

フランス語で「蒸気」を意味する店名の通り、厨房の奥では巨大な蒸し器がフルに稼働する。自慢は宮城産の魚介類や、季節野菜などをふんだんに使った蒸し料理。入り口付近の立ち呑みスペースでは酒の肴を、奥では本格フレンチを提供するという二面性も魅力的だ。

デートなら、まずあえてスタンディングスペースでアぺを頂こう。ビールやワインも1杯ずつ選べ、つまみも1皿600円前後から。

鶏白レバーのテリーヌ。湯せん焼きではなく、蒸すことでマイルドに。リンゴジャムを添えて。メニューは日によって異なる。写真は一例

銀座で流行る店には理由がある。『ヴァプール』は、2段構えのスタイルで間口を広げ、目で見てわかるよう店の看板を明確に打ち出すことでライブ感を演出し、同時に基本の料理に個性を持たせている。

ワインは珍しくボルドーを豊富にオンリストするが価格は良心的。なによりボルドー研修を経験したスタッフが自分の言葉で楽しげにその魅力を伝えてくるのだから、ではここはひとつ、という気分にさせられる。

いつも満員御礼の人気店。店の活気を味方にしよう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo