• PR
  • ウイスキーと美女 Vol.4

    ウイスキーと美女 最終回:BARで美女に見せられたスマホの画像に驚愕。男が少し恥ずかしくなってしまった理由

    最近知り合ったSランク美女・エリカとのデートにこぎつけた、大手広告会社勤務の松尾雄二(35歳)。

    ”大人の男”をアピールするためBARに入り、あまり詳しくないウイスキーを注文した。

    ここでゆっくりエリカを口説くはずが、なぜかエリカはウイスキーのことを色々聞いてくる。雄二はマスターにさりげなく助けられながら”大人の男”のイメージを保とうと奮闘するが、段々エリカも不審に思ってきた様子。

    そんなエリカが「いいもの見せてあげようか?」と言って、意味深な笑みを浮かべてスマホを取り出すが……?


    思わせぶりにスマホを持ちだしたエリカ。何が始まるのかとじっと待っていても、彼女はスマホをテーブルに置いてしまい、話の続きはなかなか出てこない。

    「どうしたの?」

    「うん、ちょっと…。私も同じの飲んでみようかな?」

    上目づかいで楽しそうにエリカは言った。

    「え、『富士山麓』を飲むの?無理しなくていいんだよ?」

    雄二は一瞬耳を疑った。『富士山麓』はアルコール度数50度のウイスキーだ。「普段はカクテルが多いかな?」と言っていたエリカにはまだ早すぎる。そう思いもう一度聞いたが、エリカは涼しげに微笑んだ。

    「うん、大丈夫」

    どこか余裕すら感じさせる雰囲気で、エリカは自らウイスキーを注文した。

    「マスター彼と同じものをください。ロックで」

    「え、ロック?せめてハイボールか水割りにしたら?まずはそこからウイスキーに慣らしていくのがオススメだよ?」

    慌てて言ったが、エリカはやはりどこか余裕を感じさせる笑顔を浮かべて「大丈夫」と言うばかりで聞く耳を持たない。


    ―まあ、好奇心旺盛なのはいい事だ。ここでチャレンジする彼女を見守るのも、大人の男ってものかもな。

    そう思い、彼女がゆっくりグラスに口を付ける瞬間を見守る。

    エリカは左手でグラスを持ち口元まで近づけると、これまで見たこともないくらい恍惚とした、何とも幸せそうな表情を浮かべた。

    富士山麓

    【ウイスキーと美女】の記事一覧

    もどる
    すすむ

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo