2016年は『やきそば』が大流行!昨年オープンの激ウマ専門店5軒

2016年、「東京カレンダー」が取材したやきそばの新店は8軒。なぜ、今年なのか?各店の店主に聞いても、焼きそばの識者に聞いても、その理由は判然としない。

が、誰もが恐らく一度は食べたことがある「焼きそば」が、おやつや屋台フード、お好み焼きのサイドメニューといった地位を脱却し、ひとつの料理ジャンルとして地位を築いたことは明白だ。昨年話題をさらった専門店を一気に紹介!

※こちらの店舗は現在移転しております。掲載内容は移転前の情報です。

Specialities 無添加焼きそば。普通盛り¥950は、150gのオリジナル生麺を使用。千葉のアボカドポーク、完全無添加のソース、京都の「こだわり卵」など、吟味した素材の結晶! 九条ねぎは追加トッピングで¥150

昼は焼きそば、夜はバル&焼きそばの“二毛作”店
『無添加焼きそば BARチェローナ』

白金高輪

肉業界の風雲児、「ヤザワミート」が2016年5月に開いた『バル チェローナ』は食の業界をざわつかせた。「肉の名手が、一体なぜ、焼きそば屋を!?」。が、もともと素材を吟味することでは定評のある同グループ、「一般的にジャンクなイメージのある焼きそばを、無添加で、しかもとびきり美味しく」という......


おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo