これぞ東京の最強おでんだ!寒い日に寄りたい都内おでん屋5選

今日は本格的に寒さが厳しい! いつの間にか冬の訪れを感じるほどのこんな日に食べたいのは、おでんに決まりだ。

寒い季節だからこそ楽しめる、日本の和食“おでん”を囲おうじゃないか。口の中に広がる、具材の旨みと豊かな出汁。あゝ、この寒さがたまらなく幸せに思えてくる。

鍋の前に立ち、おでんの世話をするご主人。手入れの行き届いた白木のカウンターは好きなおでんを見ながらあれこれ頼める特等席

上品な出し汁が染み込む『おでん割烹 ひで』

昭和51年にオープンしてから30年以上、花街として栄えた渋谷円山町で愛されて続けている『ひで』。

創業者で先代の女将の下へ、今のご主人が来て20年以上。鍋の中で区画ごとに美しく整理された、ひとつひとつを慈しむようにお玉で出汁を回しかけ、各々に味がよく行き渡るよう、時折、菜箸で上下を返す。この光景も受け継いだ。

野菜なら、蕗や蕪、大根といった、旬の滋味溢れる各種があり、ロールキャベツやがんもどき、つみれなど、個性的で手の込んだ自家製も少なからず。およそ60種のおでんがそろう。

酒とみりんのほか、ほんの少し薄口も使うが、味つけは塩がメインの鰹が香る上品な味だ。

予約は基本的に座敷のみ受付。5室あり、刺身や焼物なども供されるコースが主体。この場合のおでんは鉄鍋に各種を盛り込んだスタイルで提供

日々の塩梅を利き分けながら、毎週出汁を入れ替える丁寧な作業。練物は味を出し、大根などは味を吸う。熱々のおでんが旨いのはいつの世も同じ。幸せを実感する。

バーカウンター横に設えたおでん鍋が、くつくつと音を立てるのに耳を傾け一献。おでん種は常時25種用意。季節限定のものも登場する

隠れ家バーでほっこりおでん『やわら木』

まるで人目を避けるかのように、ひっそり佇む『やわら木』は、おでんや熊本の郷土料理を味わうことのできるバー。奥まった場所にあるため“隠れ家”指数はかなり高い。

カウンター横の瓢箪鍋からは昆布や鰹の馥郁たる香りが漂い、店内は温かい雰囲気に包まれる。

おでん おまかせ3種。おでん種によくしみた出汁の上品なこと!

熊本出身の女性店主が作り上げるおでんは、「透明感のある味わい」。絶対に沸騰させないよう、こまめにあくを取るのが大切なのだという。

調味料はいたってシンプルだが、上品で奥行きのある味に心まで温まるよう。馬のすじやアキレスなど、この店ならではのおでん種も是非。

瓢箪”をイメージして作ったというおでん鍋に情緒を感じる

手前から、げそ巻、つぶ貝、しらたき、すじ(魚)

屋台の雰囲気がおでんをより旨くする『ほろばしゃ』

ビルの3階に屋台という驚きのシチュエーションでおでんが楽しめる店が新橋に存在するのをご存じだろうか? 『ほろばしゃ』は、現店主の祖父が半世紀以上も前に屋台で始めたおでん屋だ。

諸々の事情から80年代にビルに入ったが、風情を残して欲しいという常連客からの要望から、店内に屋台を再現してしまったという。

練り物が多めだから出汁にも良い味が出る。種はすべて築地で仕入れ

醤油不使用の澄んだ出汁は「創業時から変えていないつもり」とのことで、ひとつひとつのタネも巨大。創業以来守り続ける出汁が十分にしみたおでんは地酒や地焼酎とよく合う。

裸電球も灯る屋台。テーブルもあるが、湯気も感じられる屋台回りがやはり人気。あるご常連は「ちょうど角になる、この席が一番」ときっぱり

おでんの他、あじ干物やさわらの西京焼き、自家製梅酢シャーベットなども提供。そんなおでんを間近にする屋台カウンターは今も真っ先に埋まる特等席だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ