続々オープン!気づけばサラダ激戦区となった恵比寿で見つけたご馳走サラダ5選

※こちらの店舗は現在閉店しております。

ドライ納豆や塩昆布などを組み合わせた和風テイストのサラダをオーダーできるのもこちらならでは

気分や体調で選べるチョップドサラダ専門店
『MORE SALAD』

恵比寿

国産野菜にこだわった、チョップドサラダ専門店。

まず、サイズ(レギュラー¥680、ラージ¥900)を選んだら、サラダほうれん草やむらさきキャベツ、トマトなど14種類の野菜をベースに、ササミやブロックハム、豆腐などの無料トッピングから1種、追加トッピング(有料)、自家製のドレッシングを選んだら、自分だけのサラダが完成する。チョッパーで小さくカットしているので食べやすいのも◎。

ブロックハムを主役に、人参マスタードソースで

ガラス越しに具材が並ぶ選びやすいカウンター。

店内はシンプルながらスマートな印象。スタッフが手際よくサラダを作り上げていく。

皮付きの鶏もも肉を主役にスーパーフードを加えた「チキングリーンボウル」

ホットサラダもOKのNYスタイル
『GREEN BROTHERS 恵比寿店』

恵比寿

ニューヨーカーのライフスタイルにインスパイアされたサラダ専門店がオープン。10種類以上そろうレギュラーメニューのほか、カスタムサラダも用意する。

1番人気の「チキングリーンボウル」には、キヌアやワイルドライス、スペルト小麦といった具材も入り、食べ応えも充分だ。ベースの葉物を白菜にすると、ドレッシングごと火を通しホットサラダに変更できる。すべてのサラダにパンが付く。

ケールとロメインレタスをベースに、紫たまねぎがアクセントの「ケールシーザー」

カウンターの奥に並ぶ葉物。

ロングテーブルが置かれたマンハッタンをイメージした内装。

粗挽き肉と数種類のスパイスで手作りした「大豆キーマカレーとドライトマトのボウル」

ひと皿で完結する食べ応え抜群サラダ『GREENBOWL』

恵比寿

“野菜が主役のスローフードスタンド”をテーマにした一軒。野菜は顔の見える生産者から仕入れ、玄米には魚沼産のコシヒカリを使用するなど使用する素材に徹底したこだわりを持つ。

「グリーンボウル」は、たっぷりの野菜と玄米、具材をひと皿につめこんだ看板メニュー。それと同じ材料を自家製トルティーヤに包んだ「ラップグリーン」はテイクアウトにも最適だ。ゆったりと寛げる居心地のいい店内も魅力。

ミントの香りがクセになる「アジアンチキンとミントのラップグリーン」

「野菜と豆、きのこのジンジャースープ」と「緑黄色野菜の濃厚ポタージュ」

落ち着いたシックな空間

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo