パリで行列が絶えない人気No. 1パン屋が日本初の常設店を青山にオープン!

東京には、美味しいパン屋がいたるところに存在する。昔懐かしのパン屋さん、NYシティスタイルのベーカリー、フランスの風を感じるブーランジェリー。呼び方も雰囲気も違うが、みんなが大好き”パン屋”さんである!

そしてパン好きが喜びそうなニュースを!パリNO1のパン屋さん『Du Pain et Des Idées(デュ・パン・エ・デジデ)』が日本初となる常設店を、10/8(土)青山にオープンさせたのだ。パンの本場フランスで、行列が絶えないという人気店がついに東京へ。新店では、日本らしい食材使った日本限定メニューも登場。これはもう行くしかない!

フランス本国の店舗外観がこちら

フランスでは言わずと知れた人気店が遂に日本へ

「ベストブーランジェリー・オブ・パリ」など多数の受賞歴を持つパン職人、クリストフ氏が手掛ける、パリを代表するブーランジェリー『Du Pain et Des Idées』。最高品質の有機材料を厳選、独学で習得したフランスの伝統的な手法で丁寧に焼き上げられるパンは、世界中からその美味を求めて、訪れる人の列が絶えないほどに、人気を博している。

パン・デ・ザミ®

絶対食べたい!友達のパンという意味の「パン デ ザミ®」

友達のパンを意味する「パン デ ザミ®」は、小麦本来の風味を損なわないよう長時間発酵。じっくりと時間をかけた焼成で生まれたクラストの豊かな香りが魅力のスペシャリテ。人気レストランへも提供し、高い支持を得ている。

パリでも希少と言われている石床式のオーブンを使用することで、独特の焼き色、味、食感や香りをそのまま再現した。カリッとした香ばしいクラストと、しっとり、もちっとした生地が絶妙なバランスだ。

ミニ・パヴェ

日本初上陸の「ミニ・パヴェ」

「パン デ ザミ®」の生地にチーズや野菜などの食材を混ぜ込み、小さくカットして焼き上げた「ミニ・パヴェ」。フランス語で石畳を意味する「パヴェ」の形に似ていることから名づけられた、可愛らしい見た目が特徴だ。

青山店では、パリらしいメニューから、日本限定メニューまで、計11種類を取り揃えた。

■日本限定も!メニュー一部をご紹介

パン・デ・ザミ® 490円(1cut)

やはりチェックしたいのは、シャテーニュ(栗の一種)やヘーゼルナッツのような香りを代表とする、ワインのように複雑な味わいや香りが特徴の看板商品「パン・デ・ザミ®」。『アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ』『Passage 53』など、著名ガストロノミー・レストランから支持されている。

タルティーヌ 390円

パン・デ・ザミ®を使ったオリジナルのオープンサンド。

(写真左から)
・ショコラ ノワゼット
・タプナード
・鯵のリエット
・パテ ド カンパーニュ/トマト フェタチーズ

ミニ・パヴェ 260円

パン・デ・ザミ®を使ったセイボリー。パン・デ・ザミ®の生地にベーコンやチーズ、フルーツなど、様々な素材を巻き込み、小さくカットしてから丁寧に焼き上げた。

「ベーコンとミモレットチーズ」、「セミドライトマトとフェタチーズ」や「リンゴとフェタチーズと栗のはちみつ」など、フランス本国でも人気のメニューに加え、日本の食材を使った限定メニューもラインナップ登場する。
【日本限定メニュー】
・味噌とネギのパヴェ
・イワシの佃煮のパヴェ
・しらすと梅とシソのパヴェ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ