表参道にオープンしたスタイリッシュ東京中華!デートにおすすめの新店はここだ!

表参道ケヤキ並木沿いに注目の新店が誕生した! 今までにないスタイルの国産食材を使った上品な中華料理、その名も“新東京チャイニーズ”を提供するレストランだ。

ロケーションがデートにぴったりで、使い勝手の良さで重宝間違いなしの新店、さっそくチェックしてみてほしい。

パリパリ&ジューシーの「東京ダック」は一度食べてほしい!

表参道ヒルズの真向かい、ケヤキ並木沿いの絶好のロケーションにオープンしたチャイニーズダイニング『CHINA CIRCUS Omotesando(チャイナサーカス 表参道)』。

階段を上り2階の扉を開けると、大きな窓からは表参道のラグジュアリーショップやケヤキ並木を歩く人々を眺めることができ、ちょっとした優越感を味わえる。

天井が高く開放感のある空間にスタイリッシュなインテリアが並び、イタリアンやフレンチレストランのような錯覚をおぼえるが、間違いなくチャイニーズなのだ。

天井が高く、開放感がある店内。スタイリッシュなインテリアが並ぶオシャレな空間だ。

ここで味わうのは、日本の旬の食材や日本各地のこだわり食材を活かした中国料理。

神奈川県秦野「とうふ屋ごえもん」のおぼろ豆腐や、ミネラル豊富な山形県月山の「わんぱくたまご」など、全国各地の旨い食材にとことん拘っている。

そんな食材を使ってシェフが提案するのは、今までにないスタイルの中華料理「新東京チャイニーズ」。

料理だけでなく、和風の個室を完備するなど、日本ならではのおもてなしで海外からの観光客も多く訪れ人気を集めている。

富士高原鶏もも肉を使用した「東京ダック」

さて、気になる新東京チャイニーズを紹介していこう。看板メニューのひとつは、北京ダックならぬ「東京ダック」。

鶏肉は骨付き富士高原鶏もも肉を使用。それを桜チップでじっくりと燻製し、熱々の油で皮をパリっと仕上げた逸品。最初はそのまま、次は薄生地に巻いて八丁みそと豆板醤のタレで味わってほしい。

皮はパリッと、中はジューシーに仕上がっている

最初は鶏だけで味わい、次は鶏を野菜や八丁味噌と豆板醤のたれを巻いて食べる

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ