この連休で揃えておこう!東京最新型ジャケパンスタイル大研究

大人の日常コーディネートで最も使えるのがジャケパンスタイル。仕事にも行けるし、レストランやバーだって行ける。けれど定番スタイルだからといって、アップデートしていないとおじさん的スタイルに陥ってしまう心配も。そんなジャケパンスタイルを今っぽく見せるコツお教えします。

きちんと見えるのに、着心地が楽で、肩の力が抜けているジャケパンスタイルこそ、目指すべき理想系だ。

ジャケット¥54,000〈ティージャケット〉、マフラー¥15,000〈ベグ&コー/すべてビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉、カットソー¥13,000〈マイ ストーリー/アマン TEL:03-6805-0527〉、パンツ¥32,000〈ベルナルド ジュスティ/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007〉、時計¥45,000〈セイコー プロスペックス/セイコーウォッチ お客様相談室 TEL:0120-061-012〉、鞄¥26,000〈ザッツ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉

まずはジャケットをニットにするだけでこんなにこなれて見える!

ジャケパンスタイルを一気に今っぽく見せたいならジャケットをニットジャケットにするのがおすすめだ。カーディガンライクなものからガウンまで今季は秀作がズラリ!

ダブルもニットJKなら取り入れやすい

ジャケットとカーディガンが融合したジャーディガン的な一着。キャメル色は今年注目カラーな上に、ダブルな点も高ポイント。

¥45,000〈カモシタ ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉

ニットジャケットゆえ柄という選択も

アルパカとウールの混紡。見た目は普通のジャケットだが、ニットなので着心地はとっても楽。ニットJKなら柄物もカーディガン感覚で羽織れる。

¥88,000〈チルコロ 1901/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567〉

スラックスにもデニムにも似合う

今季注目のジャケット感覚で羽織れるガウン。丈が長めなので、アウター代わりにもなり、車で出かける小旅行なんかに持っていくとリッチな雰囲気が醸せそうだ。

¥53,000〈ドリュー アンド コー/ビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉

休日使いのみならずビジネスにも

ラグジュアリーニットといえば、のクルチアーニのニットJKは、カーディガンのような着心地ながら、きちんとジャケット顔。ボルドーもお洒落。

¥131,000〈クルチアーニ/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007〉

海も山も都会にも似合う一着

ワッフル地が気持ちいいニットジャケット。リネン混のウールがさらっとした質感ゆえ3シーズン使えそう。グレートーンでコーディネートして、リッチでリラックスな雰囲気に。

¥50,000〈ソリード/タトラス ジャパン TEL:03-5708-5188〉

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ