• PR
  • ジョエル・ロブションの味を自宅で再現!パートナーの胃袋を鷲掴みする秘伝のレシピを教えます!

    先日、東カレ読者限定のロブション氏監修秘伝のたれ×人気料理家SHIORIの料理イベントが、SHIORI氏のキッチン・スタジオで開催された。

    参加者は、倍率”約8倍”の高倍率と、激しい台風の合間に現れた貴重な晴れ間を呼び込んだ強運な女性たち!これはきっと、素敵なクッキングイベントになるに違いないと、スタッフ一同ワクワクしながらお出迎え。参加者はビジネスウーマンが多くを占める中、なんと、全員がオンタイム集合!いやはや、ご立派のひと言。

    そんなミラクル続きの、楽しいクッキングイベントのレポートをお届けしよう♪ 記事後半には、当日の絶品レシピ3品もご紹介するのでお楽しみに。

    参加者はみな、真剣にメモを取りながら熱いまなざしでSHIORIさんを見つめます!

    秋の味覚をふんだんに♪ 絶品”SHIORIレシピ”の実習スタート!

    今回ご参加いただいたメンバーは、日ごろから料理をする機会が頻繁な方が多かった様子。定期的に料理教室に通っている人は意外と少なく、学生時代の”調理実習”的なノリを懐かしむ人もチラホラ。

    簡単なご挨拶を済ませ、さっそくSHIORI氏の30分1本勝負のデモンストレーションが開始!30分で3品を、手際よく、参加者に分かりやすいよう説明を添えながら、小気味よく進行していった。これぞ、簡単に・無駄なく・見栄え良くがモットーのSHIORI氏の真骨頂を観たり!!

    こちらが8/22に発売された今回の主役「ヤマサ 鮮度の一滴 グルメだれ」

    まずは「グルメだれ」の味見をしてみよう!

    デモンストレーションの冒頭、SHIORI氏から「まずは、このグルメだれをスプーンでひと口なめてみましょう」と言われ、それぞれミニスプーンでペロリ。すると間髪入れず、「はい、ではこの中には何が入ってますか?」との質問!数人が回答するも、そこで全ての回答は出ず…。

    それもそのはず、この「グルメだれ」には、「すだち、パインアップル、りんご、なし、ざくろ、さくらんぼ」と果実だけでも6種類。さらに、「しいたけ、昆布、かつお節」などの旨味に、「ポートワイン」を入れてコクをプラスし、「ローズマリー、にんにく」でアクセントをつけた凝縮だれなのだ!

    ここでの大切な教えは「初めて出会う調味料は、料理する前に必ず味見をして、どんな味わいなのか体感すること」が重要とのことだった。

    1品目の「きのこと揚げの炊き込みごはん」の説明。

    忙しい女性に嬉しい、時短テク”炊飯器の正しい早炊きボタンの使い方”もさりげなく指導。みなさん、早炊きボタンは”浸水済み”の米を炊く機能だということをご存じ? お米を研いですぐに炊き上げたい時に使うのは、本来の使用方法ではないらしい…。(汗)

    あっという間に進行する、SHIORI氏のクッキングに一生懸命に耳を傾け、メモをする参加者たち。和やかながらも、ピンとしたいい緊張感もあるすがすがしい空間だ。

    3品とも、もちろん「グルメだれ」を使用するのだが、出来上がりにどんな違いができるのか、ドキドキしながら見届ける。

    テレビ番組やレシピ本では分からない!これぞ、ライブキッチンレッスンの良さ。「フライパンが熱せられて、どのタイミングで調味料を足すのか?」「どの程度焼けたら次のステップに進むのか?」「焼き目はどの程度まで、焼きあげるとちょうどよいのか?」そんな細々とした、コツを惜しみなく披露。

    手早いながらも、ポイントをきちんとわかりやすく示してくれるSHIORI氏のデモンストレーション。美しい盛り付け方のコツも!

    あっという間に、3品の料理が完成!

    お見事!ちょうど30分で3品のレシピが完成!添え野菜の切り方、盛り方、見せ方など、ほんのちょっとした手間で、一段と美味しそうになるから、料理は奥深くおもしろい!

    そして、参加者は4人×4組、2人×1組にグルーピングされ、メインディッシュの「チキンソテー いちじくのソース」作りにさっそく挑戦!

    「グルメだれ」の計量中!レシピをながめながら、料理に必要な分量をきちんと計っています!

    さあ、チームワーク良く作ってみよう♪

    本イベントは、お一人で申込された方が大多数なので、初対面同士のチーム。だが、そこは東カレ読者たち、美味しいものへの探求心・好奇心の強さがシンクロしあっという間に打ち解け、テキパキと、にこやかに段取り良く進められていた。

    フライパンに「グルメだれ」を入れると、”ジュジューッ”といい音を立てると同時に、美味しそうなかおりが立ち込めた

    グリルしたチキンに「グルメだれ」投入!

    「グルメだれ」に最適な調理法のひとつが、このグリル。お手頃食材のチキンをじっくり香ばしくなるまでグリルし、旬のフレッシュいちじくたっぷりと、「グルメだれ」を合わせることで、プロの味に大変身!

    ボリュームもあるため、おもてなし料理にも最適。アツアツでいただくのはもちろん美味しいが、冷めてもソースがしっかりお肉になじむため、美味しさは変わらず。ヘビロテメニュー必至の逸品だ。

    仕事帰りに駆けつけてくれた方がほとんど。チキンが焼けるいいにおいに、食欲が強く刺激される。
    「早く食べたいな」と思いながら、夢中で料理をしていると、あっという間にメインディッシュのできあがり♪

    副菜の「グリルベーコンとレンコンのマリネサラダ」と、炊き立てのほっかほかの「きのこと揚げの炊き込みごはん」を、テーブルへセット。
    さらにSHIORI氏が用意してれたスープも添えられ、いよいよお楽しみの試食タイムへ。

    そして、みなさんお決まりの撮影タイム!素敵に出来上がったお料理を、ご自身のSNSへさっそく投稿も♪
    「簡単だったのに、すごく手の込んだ料理に見えます!」「下ごしらえも少ないので、お手軽に作れる。」と驚きと感嘆の声が続々と出ていた。

    試食タイムも、みなさん真剣そのもの。「同じたれなのに、こんなに違う味わいになるなんて!」「いちじくとの相性も抜群」「炊き込みごはんの仕込みの容易さと出来映えのギャップがすごい」といった感想があがっていた。
    みな一様に驚いていたのは、長時間手間をかけたような料理が、短時間に実現できてしまったということだった。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ