東京社員グルメ Vol.4

東京社員グルメ:あの『LDH』社員に聞いた、中目黒の通な穴場店4選!

マスカットビネガーとスダチの酸味が食欲をそそる「藁でいぶした縞鯵」1,512円。ビーツで色付けされたキヌアと麦のタブレが鮮やか

ときに和素材も使いこなす、ボーダーレスで自由な料理が魅力

「駅から少し離れていることもあって、ここは比較的いつも静かで、落ち着いた大人のお客さまが多いですね」と話すのはヘッドシェフを務める小原鉄平さん。

ディナーでは、日々入荷する旬の食材が日替わりでアレンジされる。オリーブオイルだけでも5種類を使い分け、魚醤など和の調味料も意識的に取り入れた料理の数々は、オシャレなだけではなく繊細なおいしさがある。

元倉庫というだけに天井が高く、解放感あふれる空間。日光が差し込む朝昼、ぐっと照明を落とした夜、それぞれによさが感じられる

実はここ、1つの空間に2つのスペースが共存するユニークな場所でもある。

『Stall RESTAURANT』の片側には朝8時から営業するコーヒースタンド『The Workers』があり、1日中どんなシチュエーションでも“使える”勝手のよさがまた人気を博す。

鈴木さん曰く「仕事の息抜きにふらっと立ち寄って、コーヒーのテイクアウトをすることも」。肩肘張らない自然体の楽しみ方が似合う、中目黒のはずれの隠れた名所なのだ。

希少部位やサイドメニュー、さらには裏メニューまでが豊富。焼肉屋らしからぬ素敵なインテリアは、著名デザイナーによるもの

ガッツリ系“肉女子会”でお世話になるなら『ビーフキッチン』

「仕事で疲れているときに、お肉を食べたくなるんですよね。『ああ、血を作らないと!』みたいな感じで(笑)」と語る肉食系女子な鈴木さん。

そんなときお世話になるのが、中目黒駅から徒歩約5分とアクセスもいい『ビーフキッチン』。

「内装も素敵で、気分が上がるんです。長い付き合いの女子友達と、仕事抜きでわーっと楽しむ“肉女子会”をときどきやっていて。女子会だと、内装がおしゃれなお店の方が、集まっていて楽しいかも」。

スタイリッシュでモダンなインテリアながら、意外やリーズナブルなのがこちらの特徴。黒毛和牛の各部位が、1枚から注文できるという懐の広さもうれしいかぎりだ。

ランチ時は店の外に行列ができるほどの人気ぶりを誇る店。写真は夏季限定の「レッドホットチリバーガー」1,480円

ジューシーで肉々しいハンバーガーが楽しみな『GOLDEN BROWN』

突如ニューヨークの街角にトリップしたかのような、味のある外観が目を引くグルメバーガーショップ。ほんのり甘みのあるバンズにジューシーなパテが挟まれたハンバーガーは絶品。表参道に支店も持つ人気店だ。

「ここのハンバーガーは、肉々しいパテがたまりません。店舗担当のスタッフが中目黒のオフィスに来る際、一緒に行きました。わざわざ中目黒まで来てもらうからには、やっぱり美味しいものを食べてもらいたいと思いますが、ここなら間違いなし!」

鈴木さんはランチで利用するそうだが、カジュアルな雰囲気でアルコールを楽しめるディナータイムもおすすめ。

【東京社員グルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo