唐辛子の山!でも旨辛で最後まで箸が止まらない麻婆豆腐はこれだ!

「なんじゃこりゃ~!」激辛通でも叫んでしまうほどの強烈なビジュアル…!

この刺激的なメニューがいただけるのは、知る人ぞ知る麻婆豆腐の聖地『橙 daidai』。東京屈指のパンチがある激辛グルメをご紹介しよう。

嗅覚で辛いけど美味しい予感がする『橙 daidai』

オシャレタウンの池尻に、地獄谷があった!

池尻大橋駅北口を出て、国道246号線の歩道を渋谷方面に歩くこと、5分。ここで待ち受けているのは、「地獄谷の麻婆豆腐」!

地獄谷の麻婆豆腐¥880

レンゲが直立した激辛な麻婆豆腐!

熱々の音と香辛料の凄まじい香りが近づくにつれ、おびえてくる。湯気を吸っただけ山椒でむせてしまう。

石焼鍋の中で、真っ赤な麻辣オイルがグツグツ煮えたぎる様子、まさに地獄谷! 20本もの唐辛子が食べてと言わんばかりに入っている。

麻婆ソースの下から出てくる豆腐に甘みを感じる

痛烈に熱くて辛い! 生卵と底に潜む1丁もの木綿豆腐が助け舟だ。オールで漕ぐようにレンゲで食べるペースをつかめば、じわじわ前進する。

すると、辛いけれど、豆鼓のコクや清湯スープの旨味も感じてくる。「こんなに量があるのに880円って、経営は大丈夫なの?」と人の心配をできる程、心のゆとりが出てくる。

辛いのに、旨みがあって完食できてしまう、不思議な魔力の麻婆豆腐だ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ