旬のうにを食べ比べ! 中目黒の人気寿司店の極上うに握り!

うにのベストシーズンは夏だというのはご存じだろうか?その、今だけの美味しさを思いきり堪能したい!

極上の生うにを、惜しみなく4~5種類も握りで提供してくれる、うに好き必見の寿司店があるのだ。
この贅沢、なんとしてでも体験すべし!

左から北海道天売島産バフンウニ、福岡産赤ウニ、利尻島産ムラサキウニ、唐津産赤ウニ、熊本産赤ウニ。壮観の光景!

うに好きが押し寄せる実力派寿司店を中目黒に発見!

極上のうにを、数種類食べ比べる…そんな夢のような寿司店が、中目黒にある。グルメの間ではつとに知られる名店『鮨 尚充(たかみつ)』だ。明るい笑顔で出迎えてくれたのは、ねじり鉢巻き姿が粋な店主の安田尚充氏。

入荷しているうにを聞くと、最高級天売島産バフンウニ(巨大!)をはじめ、北海道産から九州産までがずらり8種も登場!

「ちょっとしたうにパーティですね(笑)。仕入れのときいいものを見つけると、どうしても買ってしまう性分で…気付いたらこんなに」と安田氏が笑う。

つまみには、北海道余市産のバフンウニと福岡産の赤ウニの2種が登場。手前はとろけるような食感の宍道湖産天然ウナギ

こちらの店の「おまかせ」コースは、握りとつまみが交互に登場するスタイルだ。普段からうには握りとつまみ、それぞれ2種ずつ登場するという。それだけですでに4種が味わえる!。

だが、安田氏曰く「リクエストすればもっと出てきますよ(笑)」。というわけで、この日は握り5種を贅沢にも並べてもらった。

大きさも味わいもさまざま。中央右の天売島産のうには、もはや専用の白木の箱(安田氏曰く“うにの部屋”)に収まらない大きさ

原価率が心配になるほど極上ネタが次々! 予約困難なのも納得

握りを頬張る。…言葉が出ないとはこのこと。とろける食感とともに、濃厚な磯の香りと甘みが口の中に押し寄せる。

臭みは一切ない。これ、相当にいいネタなのでは…。「正直、うにの仕入れ額は半端ないです。1箱5万円とかするものもありますから」。

聞けばこのうに握り、単品注文すれば1貫1,500円超え。しかし「おまかせ」コース17,000円なら、握りとつまみ全30品ほどが登場する中で、うにが数種類食べ比べられるのだ。

その品数にも驚くが、これほどのネタを次々と惜しみなく出してくれるコストパフォーマンスにも衝撃!

軽妙なトークで盛り上げる安田氏。そのキャラクターに魅せられ、店に通う人も多い。「おまかせ」でも、内容は相談に応じてくれる

今や1ヵ月先まで予約が取れない人気店だが、先の予定まで調整して行くべき価値は大アリ。

座席は1日2回転させるため、2回転目である9時以降は比較的予約が取りやすいとか。また当日キャンセルも狙い目との情報を、安田氏より引き出したことをご報告しよう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ