土曜日が狙い目!青山の達人が教える真に使えるレストラン7軒

ショッピングやサロンなどで、週末ふらっと行くことはあるけれど、食事をしにわざわざ行くことはあまりない。青山といえばそんな印象がありますが、実はあるんです、使えるお店が。

教えてくれたのは、南青山に編集部を構える『メンズクラブ』の編集長、戸賀敬城さん。シーン別で使えるお店を聞いてきたので、買い物がてら、ちらっと行ってみてはいかがです? 絶対後悔させません!

メンズクラブ編集長 戸賀敬城さん 1967年、東京都生まれ。『メンズクラブ』とレクサスマガジン『BEYOND』の編集長を兼任する

戸賀さんの青山での食の思い出は高校生時代に遡る。当時綾瀬に住んでいた戸賀少年は、学校帰り、同級生たちと『鳥良』で人生初の手羽先を食べた。

「あまりの美味しさに衝撃を受けました。惚れた女の子ができたら連れてきて、この感動を伝えたいと思いましたね(笑)」

それから時はめぐり、2007年に南青山に編集部をかまえる『メンズクラブ』の編集長に就任。青山でランチや接待をする機会がぐっと増え、他の街にはない青山の魅力を知ることとなる。

「青山には下品な会話をしたり汚い格好をしている人がいなくて、客層がいい。飲食店の味のレベルも高くて、こんなバランスのとれた街ないですよ。それに食事をしてから次に飲みに行く場所だって十分にある。だからデートにもぴったりの街だと思いますね」

自身は「業界人にしょっちゅう会うから(笑)」という理由のため、プライベートよりは会食などで店に行くことの方が多い。

「会食でよく利用するのは、『礼華 青鸞居』。食事が美味しいのはもちろん、テーブルが大きすぎなくて相手との距離が近いので話しやすいです。僕、距離が遠いと聞いてもらえた気も聞いている気もしなくて、会話は近いのが好きだし盛り上がる。ここでの会食はいつも楽しく過ごしてますよ」

そんなお気に入りの店はブログに即アップ。するとそれを見て来店する人も頻繁にいるそうで、まさに、ひとり『青山カレンダー』状態! 今後も戸賀さん発信の青山情報から目が離せない。

戸賀さんのリクエストで生まれた、ヘルシーな豆腐麺。スープはしっかりとしたコクがあり、食べごたえ十分。『礼華 青鸞居』の名物フカヒレ煮込み。トリュフの香りが食欲をソソる

クライアントを満足させる秘密の中華『礼華 青鸞居』

味はもちろん、とにかく会食でのメリットが多い店だと絶賛するのは『礼華 青鸞居』。

「店内はモダンで清潔、店員の方もとてもアットホーム。それに中華は比較的食事が早く終わるので、自分だけじゃなく先方にとっても楽なはず。また外食が多い自分にとって嬉しいのが、ここの豆腐麺(¥1,800/要予約)。

体型は気になるけど僕はたらふく食べたいタイプ、でも麺は一番やばい(笑)。そう思っていたらお店の方が豆腐の麺を製麺所に発注して作ってくれたんです。豆腐といっても歯ごたえもあって、最後までアルデンテ。これには会食先の女性も喜んでくれますよ。フカヒレの姿煮込み トリュフソース(¥5,800~)なども絶品です!」

個室が多いのも魅力。6名席のこちらは適度な高級感があり仕事での会食に最適

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ