肉界の最強タッグ!  超人気『肉山』×『もつ焼き のんき』コラボの新店!

肉好きなら知らないものはいないだろう肉の名峰こと吉祥寺の『肉山』、牛ホルモンの火付け役である『ホルモン酒場 焼酎家 わ』。そしてシロタレが絶品の人気店『もつ焼き のんき』が、肉好きの舌を唸らす最強の新店をコラボさせた。

その店とは2016年4月にオープンした『赤身とホルモン焼 のんき』 。塊で焼く赤身肉、新鮮かつ仕事が丁寧なホルモン、産直の新鮮野菜、それぞれの看板メニューがここに集結!

美味すぎる「凍結レモンサワー」(¥500)。お代わりするときには合言葉「中身だけお願い」と数字マドラーを忘れずに

木箱に入った“本日の肉”に歓声があがる! あの『肉山』の赤身肉が食べられる!

「わ〜! おいしそう!」と、各テーブルで歓喜の声。それもそのはず。捌きたての美しい塊肉が目の前に運ばれてくるのだ。これは肉ラヴァーでなくても叫びたくなるはず。その塊肉はカウンター前の焼き台でじっくりと焼かれる。

焼き方は吉祥寺の『肉山』の光山英明氏直伝。固すぎず、柔らかすぎず、完璧な焼き加減。予約は半年先とも1年先とも言われる、肉好きが登りたくても登れない“山”の味がここにある。

本日の赤身塊肉は木箱に入れてテーブルに。歓声とシャッター音が鳴り響く

『肉山』指定の黒毛和種は人気のイチボ、ランプ、内腿を用意しているが、入らない場合はシンシンやトモサンカクに変わることも。焼きあがった肉はカットされテーブルに。

まずは肉自体の味わいを楽しんだら、付け合わせも楽しもう。かなりのボリュームの塊肉なのに、ペロリと食べられてしまうから不思議だ。

肉山チリマスタード、わさび、コチュジャンがあるが、ここは光山氏考案の「黄身醤油」で食べたい。高松の鎌田醤油に溶いた黄身の色からして違う、この新鮮極まりない卵が、とろりと肉にからまり、あまりのおいしさに衝撃が走る。

赤身塊肉のイチボ。焼き人の腕が確かだからこそジューシーで甘みを感じる肉に仕上がる

柔らかく、肉の力強さと旨みをダイレクトに楽しめるのがランプ

ブランド卵を生かしたいという店長のアイデアが採用。卵をくずして混ぜればちょっぴりリッチ味のポテトサラダに

絶品卵を使ったサイドメニューもお楽しみ!

サイドメニューに多く使われるのは、千葉の『サンクトファーム 倉橋農場』の「まことの玉子」。ウコンとゴマ、そして地要素(木酢液、海藻、よもぎなど)に乳酸菌やパプリカを混ぜた飼料を食べて育った鶏が産んだ卵だそう。

こちらの店ではこの卵が料理の要とも言える。肉につける「黄身醤油」をはじめ、「ポテトサラダ」、「生ニラ玉」、「スペ玉ごはん」、「牛ハラミDX丼」などなど、卵の出現率が高いのだ。

このビジュアルに拍手! 「生ニラ玉(500円)」は立ったニラの上に「まことの玉子」の卵黄が鎮座。くずすのがもったいないくらい!

箸で持ち上げられるほどのプリンプリンの黄身を割れば、内側からとろ〜りとゆっくり流れ出てくる。ビジュアル的にもたまらないが、どんな味もまろやかにしてくれる魔法には心から感謝してしまう。

千葉の「わたなべ農園」から選りすぐりの野菜が直送される。UFOズッキーニや紫のじゃがいも「シャドークイーン」など珍しい野菜も

肉だけじゃなく、野菜もこだわりの逸品

『もつ焼き のんき』のDNAは卵をはじめ、食材のこだわりにある。店に入ると本日食べられる色鮮やかな野菜たちが目に入る。中には見たこともないような野菜もあり、どんな料理に使われるのか想像するとワクワクするのだ。

千葉の『わたなべ農園』の野菜は量を多く生産せず、化学農薬と化学肥料を使わない。だから店も今日は何が送られてくるのか楽しみだと言う。

焼き野菜の他に3種類のサラダ、一品料理も半分を野菜が占めていて、どれも野菜そのもののおいしさを生かしたメニュー。これは頼まずにはいられない!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ