“焼くだけBBQ”はもうやめた!今年注目の『フレンチBBQ』の魅力を徹底解剖!

これからの季節、アウトドアな休日を過ごす人も増えてきたのではないだろうか?アウトドアの定番と言えばBBQだが、今「フレンチBBQ」なるものが注目を浴びている。

「BBQ=アメリカ」だけではない!時代はフレンチ!

今回注目の「フレンチBBQ」、そもそもおなじみのアメリカンBBQと、どのような違いがあるのだろうか?日本バーベキュー協会会長・下城民夫氏に、フレンチBBQの特徴と楽しみ方を伺った!

アメリカ同様にフランスでもBBQは馴染みのあるレジャー!場所は専ら、自宅・友人宅の庭だそうだ!

気軽に仲間と集まって行う。それがフランス式。

BBQといえば、海・山・川などの大自然に包まれた場所で行うのが一般的なイメージ。対して「フレンチBBQ」は、自宅の庭や近所の公園で行うのが特徴。

そんな気軽なスタイルが、日本でもうけており、フレンチBBQは赤マル急上昇なのだ!

「アペタイザー」の良し悪しで、場の雰囲気が決まってしまうと言っても過言ではない!

前菜からじっくりと楽しむ。それがフランス式。

アメリカンなBBQといえば、ビールに焼きもの。対してフランスでは、焼きものを準備しながら、前菜や食前酒を愉しむ。お酒のチョイスは勿論ワインだ!

ワインに合うチーズなどのおつまみを、彩りやバランス、見た目も考慮して用意する。さらに食器やテーブルコーディネートにもこだわれば、楽しみの幅が広がるといえる!

メインを食べ終わった後も、ワインをおともに、家族や仲間と語り合いながら、長い時間かけてゆったりと過ごすのだとか。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ