1人前1,500円!中目黒の新店『北京ダックモンスター』が怪物級に旨い!

2016年3月に「北京ダック=高級中華」の概念を覆すお店が中目黒に誕生した!その名も「北京ダックモンスター」!

高級なイメージのある「北京ダック」が、なんと1人前1,500円というリーズナブルな値段!かつ味は、高級中華料理店で腕をふるったシェフゆえ間違いない旨さ!

オープン後すぐさま話題となった北京ダック専門店の魅力と実力は、まさにモンスター級だった!

オープンキッチンにズラリと並ぶ艶やかなダックが食欲を刺激

リーズナブルでおいしい「北京ダック」の秘密に迫る

場所は中目黒の駅から川沿いを歩いて5分程度。テラスがある抜けがある路面店だ。オシャレで雰囲気も抜群!

店内はキッチンも見える作りになっていて、ズラリと並ぶ北京ダックに期待が高まる。女性同士やカップルが多く、賑やかな客層は、「北京ダック=高級」っていうよりもカジュアルな「デートで楽しく美味しいもの食べよう」ってノリ。

中目黒の目黒川沿いに位置。夏にはテラス席も完成する

北京ダックの質の良さを物語るのは、美しい編み目。脂ののった、上質なダックを使用しなければ、この艶やかな編み目はキレイにでないという。一番のこだわりは揚げの行程。170℃ほどの低めの油で、じっくりと火を通すことでジューシーさを残しつつパリッとした食感に仕上がる。

1人前1500円という破格での提供ができるのは、工場と直接契約しているかららしい。卵から飼育された最高級のダックを業者の仲介なしに仕入れることで、この値段での提供が可能になったのだ。

「北京ダック」(1人前¥1,500カオヤーピン8枚付)※注文は2人前~

わたあめで出来たダックがかわいい!かつ、味は本物!

テーブルに運ばれてきた北京ダックのビジュアルにまずはビックリ!わたあめで作ったダックの上に、上品に盛られたパリパリジューシーな皮。運ばれてきた瞬間に箸をのばしたくなるほど。

はやる気持ちを抑えつつ、カオヤーピンと呼ばれる薄餅に、2種のソースから好みを選んでキュウリやネギとともにクルッと巻いて頬張れば、「ここは高級料理店?」と錯覚するような贅沢な気分に浸れるはず。

自分で包んで食べられるので一気に2枚と贅沢な食べ方も!

隣の若いカップルは「北京ダック、初めて食べた♪」と盛り上がっている。

もしここが初めてでも、まがい物じゃないホントの味だよと胸を張れる実力派の美味しさだ。

「本格 麻婆豆腐」(¥800)。お客様からの辛味調整は受けないのもポリシー

約20種の一品料理も本格派揃い!

そんなこだわりの北京ダックをはじめ、同店の料理を手がけるのは永田篤総料理長。ホテルニューオオタニの上海料理からスタートし、中華をメインにエスニックなどさまざまな店での経験を積んだ一流シェフが生み出す料理は、彼の経験と感性が活きた品ばかり。

全て店内の厨房で仕込みから調理を行うという手間ひまかけた料理のなかでもおすすめの3品を紹介しよう。

食べればきっと「ジャスミンライス」(¥150)が欲しくなる

「本格 麻婆豆腐」は、四川産の豆板醤などこだわりの調味料で作られる辛さが自慢の一品。日本で提供されている麻婆豆腐は、どうしても甜麺醤の味が強く甘さが目立ってしまうことが多いが、四川産の豆板醤を使用することで、本場の味を再現できるとシェフ。

中華の名店「四川飯店」にも負けない味を楽しめるだろう。後を引く辛さにライスが欲しくなったら「ジャスミンライス」を注文しよう。ランチでは、ジャスミンライス付で提供している。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ