東京最旬の新店レストラン! Vol.4

銀座のフレンチ新店は景観が最っ高でデートの成功間違いなし!

昨年12月、グルメ注目エリアのコリドー街に、高層階から銀座を一望できる絶景のフレンチレストラン『チェナクルーム』が誕生した。

尾崎牛をはじめとした素材にこだわった料理は抜群、景観も解放感がすばらしく、さらにサプライズもある店なのだ。この店の予約がとれたら、デートの成功は間違いなし!

やわらかく奥深い味と言えば尾崎牛。ジューシーながらすっきりした脂を日本酒がまろやかにする

眺めもアペリティフに! 銀座を高層階から見下ろす絶景レストラン

店内に入ると「あ〜、気持ちいいな〜。」と第一声が。見晴らしが良く自然光が惜しみなく降りそそぎ、夜は夜景が望める雰囲気抜群のレストランだ。

ここ『チェナクルーム』は銀座コリドー街の10階にあるフレンチ新店。おまかせコース(10,800円 税込)は全8品。月ごとに変わるプリフィクスメニューにワインだけでなく、ビール、ノンアルコールのペアリングコースが選べるのだ。

おひとりさまやデートには窓に面したカウンター席を、女子会にはテーブル席、ビジネスにはロフトのテーブル席や個室もあり、使い勝手も◎!空間の解放感がたまらない。

「八寸」には英王室御用達の由緒ある作り手、Pol Roger のBrut réserveを。クリーミーな口当たりは優しい味にぴったり。熟成がゆっくり進んだマグナムがより一層味わいを深くする

見て楽しい、食べて美味しい「和洋折衷 八寸」

この日は奮発して4月から始まったばかりの「おまかせコース(10,800円)」と「ドリンクペアリング 6種(6,800円)」をオーダーした。

メニューは毎月変わり、ジャンルまで一変することも。3月のテーマは「出汁」で和のテイストだったそう。4月はガラッと変わって「クラシックフレンチ」がテーマに。

アミューズブーシェは「和洋折衷 八寸」。グラスに入った新玉ねぎのムースはピリリと柚子胡椒を効かせ、蕗と筍にはワサビ菜のサルサヴェルデ、醤油で香ばしく焼いたアスパラにフロマージュブランで作った白和えを。

新ジャガとベーコンのグラタン、寿司をイメージしたクスクスとホタルイカ、蟹の上にサバイヨンソースとトリュフといった何とも贅沢なかに玉まで、まさに名の通り、和と洋の完璧なる融合!どれも懐かしくも新鮮な驚きがあり、スタートにぴったりのひと皿だ。

やわらかく奥深い味と言えば尾崎牛。ジューシーながらすっきりした脂を日本酒がまろやかにする

個性派ソースとブランド牛が競演、「尾崎牛のグリエ 3種のソース」

メインにはぜひ「尾崎牛のグリエ 3種のソース」を食べていただきたい。幻と言われる尾崎牛はしっとりと鮮やかな火入れ。そこに合わせるソース3種が楽しい。

「黒ごまとトリュフのピューレ」、エシャロットをワインでギューっと煮詰めてバターの中に練り込む「マルシャン・ド・ヴァン」のチーズヴァージョン、スパイシーな五合香を合わせた醤油ベースのソース3種はどれも個性的。

ペアリングは肉=赤ワインかなと思いきや、なんと日本酒を合わせてきた。「黄金澤 山廃純米酒」は昔ながらの作り方でパワフルながらやわらかさもあり、ソースも肉も優しく引き立てるそう。常温で出すことによって温かい肉の旨味を損なわず甘味が増す。むしろ赤ワインより合うかも!

【東京最旬の新店レストラン!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ