世界一の肉屋『ユーゴ デノワイエ』の極上肉ランチを徹底解剖!

ニューヨークタイムズで「世界一の肉屋」と称された、フランス・パリに本店を構える『ユーゴ デノワイエ』が恵比寿に海外初出店としてオープンしたのが昨年2015年の11月。

オープン直後から予約でいっぱいの話題店としても知られている。でもランチタイムなら予約なしでも気軽に絶品肉メニューをいただくことができるのをご存知だろうか。今回は「世界一の肉屋のランチメニュー」をご紹介しよう!

濃厚卵黄がビーフ100%ハンバーグの旨味を引き立たせてくれる!

赤身肉の旨味と濃厚卵黄のマリアージュ!フランス風粗挽きハンバーグ「ステックアッシェ」

『ユーゴ デノワイエ』のランチメニューは、前菜、メインプレート、デザート、コーヒーor紅茶付きで2000円~となっている。

メインプレートは数種類の肉メニューの中から選ぶことができ、その中でも1品目として紹介したいのが「ステックアッシェ(フランス風粗挽きハンバーグ)」だ。

「ステックアッシェ」¥2,500

力強い赤身が特徴のフランス銘柄牛リムーザン牛と熊本県くまもとあか牛を2:1で配合。つなぎなし100%ビーフパティを、表面しっかり、中心部をレア状に焼き上げてある。

上にのせられた目玉焼きの濃厚卵黄と絡めていただくことで肉の旨味にコクが追加され、粗挽きによる肉々しい食感と相まって絶妙な味わいを楽しむことができる一品である。

しっとりとやわらかくて食べ応え抜群!「自家製ローストビーフサンド」

続いて紹介するのが「自家製ローストビーフサンド」だ。

鮮やかなロゼ色のローストビーフに使用する部位はやわらかな肉質が特徴の牛のウチモモ。このウチモモの繊維面に対して垂直にカットし、何層にも折り重ねることで、肉々しさとしっとり感の両方を味わうことができるのだ。

「自家製ローストビーフサンド」¥2,000

さらに、一緒に挟まっているタスマニアンマスタードもいいアクセントになる。

ローストビーフ自体に味のアクセントをつけながらも粒が口の中でぷちっとはじけ、心地よい食感もあわせて楽しむことができるのだ。

「牛肉のアボカドチーズバーガー」¥2,000

豪快にかぶりつけ!「牛肉のアボカドチーズバーガー」

世界一の肉屋が作るハンバーガー「牛肉のアボカドチーズバーガー」も紹介しよう。

もちもちフカフカのフォカッチャバンズに挟まるのは、リムーザン牛とくまもとあか牛に玉ねぎとパセリをあわせたパティ、アボカド、トマト、赤玉ねぎ、モッツァレラチーズの燻製、マヨネーズ、マスタードという構成。

それぞれのトッピングがジューシーなパティの旨味を見事に引き立たせており、ボリュームがありながらも絶妙なバランスの取れたハンバーガーなのだ。

甘味が感じられる揚げたてホクホクのキタアカリのフレンチフライ

付け合わせの北海道産キタアカリのフレンチフライも絶品。昼からビールが飲みたくなってしまう。

カリッと揚げてあり、中はホクホクと甘くてくせになるおいしさ。このサイドメニューにまで手を抜かないのはさすが!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ