東京地震危険度マップ:火災、倒壊の危険度が5段階評価でMAXの街たちはココだ!

2020年の東京オリンピックに向けて高揚感の高まる東京。だがしかし、東京と切っても切り離せないのは震災のリスク。

本日は、東京都都市整備局が発表している『地震に関する地域危険度測定調査』に基づき、建物倒壊・火災危険度・災害時活動困難度を考慮した総合危険度が5段階中4、5にあたる「危険度の高い地域(全体の7.2%)」を紹介する。

備えあれば憂いなし。
事前に知ることによって、有事の際の緊急行動に役立てていただきたい。

①目黒区の危険度4以上の区域は?

◆祐天寺1丁目付近

目黒高校の隣に位置する祐天寺一丁目。北部の世田谷公園一帯、東部の中目黒公園一帯が避難所である。

◆目黒本町5丁目、原町1丁目付近

目黒区南東に位置する本町、原町。林試の森公園が避難所になるが、近くの戸越、中延付近も危険地域とされており、避難には十分な注意が必要だ。

②中央区の危険度4以上の区域は?

◆月島3丁目付近

中央区で唯一総合危険度が4以上とされたのは、月島3丁目付近。
まさにもんじゃ街のあたりであり、民家と飲食店の密集度から判断された模様。辺りを河で囲まれた地形にあるため、佃大橋、勝鬨橋へのルートが重要である。

③千代田区の危険度4以上の区域は?

該当無し。やはり皇居のある区だけに、整備は進んでいる模様だ。

④渋谷区の危険度4以上の区域は?

◆本町2丁目、5丁目、6丁目、幡ヶ谷3丁目付近

渋谷区最北端の住宅街。避難場所である新宿中央公園は東に1キロに位置しているのは安心である。

⑤港区の危険度4以上の区域は?

◆白金5丁目付近

港区西南の北里大研究所病院近くのエリア。すぐ近くの聖心女子学院一帯、恵比寿ガーデンプレイス付近も避難所である。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ