コリドー街の裏が熱い Vol.1

いまアツいのは銀座コリドー街の裏手! 本格和食をお得に楽しめる5店

いま銀座で注目を集めているのが、コリドー街!……の裏手!どこも、一歩通りに入ったり、2Fにあったりと、注意深く地図とにらめっこしないと辿り着かないお店ばかり。もちろん、料理は銀座ならではのクオリティは健在だ。さて、今宵はどこの路地裏へ?

大きな炭が煌々と燃え、丁寧に素材を焼き上げる

季節の訪れを感じる食材を赤々と燃える炭火で焼き上げる『炭割烹 北野』

無数の飲食店が軒を連ねるコリドー街で、うっかり見逃してしまいそうな看板だけを頼りに2階へ。狭い階段を上ると、喧騒を忘れる上品な空間が広がる。個室も完備し、接待にもデートにももってこいだ。

焼き鳥の名店『鳥よし』の主人が3~4年前から構想していた新業態で、その名の通り、割烹の上質な料理に炭を使った調理をふんだんに取り入れている。開放感あふれるカウンター内の厨房には立派な焼き台が鎮座し、その様子もまたごちそうだ。

炭焼きは、伊豆港から直送する地きんめ、雪うるい、新ジャガイモなど

揚げ物は、花蓮根はさみ揚げとあわび、たらの芽。いずれも「おまかせコース」(¥10,800)からの一例

煮物は、わらびや天豆のつや煮を添えた若竹煮

内観

仏産トリュフが香るヒラメ。盛り付けのセンスも秀逸

伝統を継承しながらも既存の枠にとらわれない『鮨 竜介』

塩昆布かと思いきや、香り高いトリュフが散らされたヒラメのつまみ。『鮨 竜介』では、鮨屋ではあまり見かけない食材も登場する。

「お客様が喜んでくれるなら、もっと自由でいいと思います」と語るのは、36歳で独立を果たした山根竜介氏。

トリュフのほか、キャビアやフォアグラといった食材もおまかせのコースのなかで、違和感なく供される。もちろん握りも秀逸。赤酢と米酢の酢飯を種によって使い分けている。

右から、ツメと塩の穴子。旬のトリガイ。芝海老のおぼろを挟んだ小肌。夜は、つまみ9 品と13貫(¥23,000~)

店主の山根竜介氏。お店は地下にひっそりと佇む

内観

【コリドー街の裏が熱い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ