都内一流ホテルの鉄板焼き3強対決!デートに接待に文字通り鉄板です!

見て楽しい、食べて美味しい、まさに記憶に残る一日を体験できるのが一流ホテルの鉄板焼き。カウンター越しの眼前で、一流シェフによる華麗な焼き捌きで一流高級牛が踊り、ジュっと香ばしい音色を奏でる圧倒的なライブパフォーマンスは、食べる前からスタンディングオベーション状態になれる。

そんな、至高の時間が約束されている一流ホテルの鉄板焼きの中でも、いま訪れるべき3軒をご案内しよう。いずれも思わず息をのむようなスペシャルな要素を持ち、まさにエンターテインメントな空間。ビジネスにもデートにも、ここぞの時に使いたい名店をご紹介。

いずれも劣らぬ至極の焼き技術で極上肉を仕上げる

融点24℃の霜降りと旨みを凝縮した赤身『恵比寿』

ウェスティンホテル東京

鉄板に肉をのせれば、魅惑的な音とともに芳香が溢れ出し、瞬く間に色が変わる。肉に焼き色が付くことを“はじき”と呼ぶが、それが付きやすいのは、融点が低いことの証しだという。

常温に置いておくだけでも溶けていく脂身は、口に含むとジュワッと肉汁が溢れ出し、極上の柔らかさでうっとりとさせられる。だが、秀逸さはそれだけに終わらない。霜降りだけでなく赤身の質にも優れ、コクと芳醇な味わいの次には、さっぱりとした余韻へと導かれる。

¥14,350~¥46,300のコースで出される恵比寿牛のステーキ。英国マルドンの塩、恵比寿牛で炊きこんだオリジナルの肉醤油などで味わう

ここで使用されている極上肉は、鹿児島県にあるのざき牧場で生産される。独自にブレンドした餌に加え、出荷前の生後27ヵ月の良質な黒毛和牛に糖蜜を与えることで、霜降りと赤身のバランスがいい肉質に仕上がる。

『ウェスティンホテル東京』の最上階で味わうにふさわしい“恵比寿牛”と命名されたブランド牛をぜひ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ