”渋2”のグルメ処に秘密の”口説きBAR”がオープン!

『ドンチッチョ』『TAMA』『なるきよ』『はがくれ』など、渋谷2丁目、通称“渋2”は舌の肥えたオトナを満足させる店が密集したグルメ処だ。

駅からやや離れていることもあり、若者が集まる渋谷とはまったく別の落ち着いた空気感で、年齢層も30代~50代と高め。そんなわけでここ数年、渋2は静かな盛り上がりをみせ続けている。

アングラで面白いBARのあるエリアでもあるけれど、もう少しお洒落にきめたい人には2軒目が悩みどころだったはず。でも、そんな人にうってつけの店が2015年11月にオープンした。

ひとりで音に浸りたいときも使えるが、女性を誘いたいときはカウンター席もソファ席もどちらもおすすめ。入り口にはスタンディング席があり、今後ここで外国人客たちが盛り上がることが容易に想像できる

終電なんておかまいなし!深夜を制したければ”渋2”の隠れ家へ

その店『FOUR BAR』は、窓がないため外からはどんなBARかはまったくの謎。しかも店の外にはドアマンが立っている。

あなたが連れてくる恋人や友人も、「え! なにここ?」と驚くこと間違いないだろう。

シックな看板を頼りに1階のドアを開けると、カラダの芯に入ってくるようないい音のブラック・ミュージックが耳に飛び込む。

曜日によってはDJが入ることも。ブラック・ミュージックを中心に、ロックやフォークソングも流す

この近辺で飲食店を多く手掛ける店主が揚げるコンセプトは、“いい音といい酒のある本物のバー”。その言葉どおり、店内にはアメリカで買いつけたレコードが棚にびっしりと並び、スピーカーは50年代最高峰のビンテージ。

アルテックのスピーカーに、真空管のアンプと音響は完璧。バックボード側に大きなスピーカーを置いているため、バーカウンターの幅を広めにとっているのもこのBARの特徴

ウイスキーを100種以上揃え、それを片手に横並びのカウンター席やソファ席にゆったり座れば、音と酒に酔え、かつほどよい音なので彼女への口説き文句がBGMと一体となっていい調子に(もちろん仲間との会話も盛り上がる)。

“クラブには行かなくなったけど、いい音楽で気持ちよくなりたい”というオトナのための、絶好のシチュエーションが揃っているのだ。

基本的には貸し切りとなる5階のラウンジ。要予約

そして5階には秘密のラウンジもある。合コンや誕生日パーティー、またこれからの忘年会(2次会)にも使えるオトナの空間になっている。

このビルに入れば楽しさに時間の感覚がなくなり、ついつい夜更かししてしまうことも必至! 初デートでキメたいとき、年末のクリスマスまでの勝負デートにぜひオススメしたい秘密の隠れ家だ。

『FOUR BAR』に来るお客のリアルな声がコチラ!

「音がすごくいい! 渋2の二軒目はここで決まりですね!」ファッション誌 エディター(36歳)

「1階はしっぽりと、2階から上は接待にもってこいですね(笑)」IT会社 経営者(45歳)

「音楽もいいし、カウンターで女性を口説くのに最適なBARだね」PR会社 社長(42歳)

「素敵なひとに初デートで連れてきてもらって、ハマっちゃった。5階のカラオケルームがすごく楽しいですよ」女優・モデル(26歳)


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ