和の街でビストロデート! 神楽坂の絶品5店が恋に効く

花柳界の艶やかな雰囲気が残る神楽坂は、非日常感が漂うデートにぴったりな街。ここでは、歴史ある老舗から、お酒が全品¥300のお店まで、裏通りに佇むビストロを5店紹介。和のしっぽり雰囲気からの絶品ビストロ料理のギャップが、恋に効く!

旬な野菜を添えた「和牛の赤ワイン煮込み」

歴史ある雰囲気も魅力『夏目亭』

飯田橋

1970年に麹町の三番町で先代が創業した歴史のあるお店。神楽坂に移っても尚、変わらず愛され続けている。

昔ながらのビストロをテーマに、アラカルトはなんと40種類以上を数える。ブルゴーニュ地方の伝統的な料理をベースにした本格フレンチを今でも追求している。

店内に並ぶディティールに凝った家具を眺めるのも楽しい。

ペザン彫刻が施された椅子は先代から受け継がれている

「エビのマカロニグラタン」¥1,380

たくさん飲みたい日はここへ!『ゼット』

神楽坂

裏通りの芸者新道に沿って佇むお店。A4黒毛和牛を中心とした肉料理をメインに新鮮な三浦野菜や鮮魚をリーズナブルに楽しめるビストロ。

エビス生ビールとグラスワイン、さらにスパークリングまでが¥300という、酒類の驚異的なコスパの良さも大きな魅力のひとつだ。

お酒が好きな人と一緒に行くべき1店だ。

コスパの高いメイン料理「A4黒毛和牛サーロインのグリエ」¥2,380

「前菜の盛り合わせ」メニューは一例

和食とフレンチのマリアージュを楽しめる『レベル』

神楽坂

コンセプトは「日本食とカジュアルフレンチの素敵なマリアージュ」。

和食からキャリアをスタートさせたシェフが提案するのは、出汁などを活かした繊細な味付けの品々。そんな料理を際立たせるワインは自然派にこだわり、山形や山梨、長野といった日本産も充実している。

普通のビストロは飽きた! という彼女もここなら満足してくれるはず。

自然派ワイン、右からクレマチス ロゼ、サン・トーバン、パタポンルージュ。メニューは一例

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ