渋谷の夜の救世主!遅い時間でも確実に旨い店厳選8選

〆の定番「ローメン」。豚挽肉、紹興酒、鶏ガラスープ、オイスターソースの旨味を吸った麺の味は、やみつきになる

※メニューは時期や仕入れ状況によって変動あり。

沖縄×中国のハイブリッド料理『琉球チャイニーズ TAMA』

渋谷

深夜でもにぎわっている渋谷を代表する人気店がこちらの『琉球チャイニーズ TAMA』。

入口付近にカウンター席があり使い勝手が抜群。奥のテーブルが空くまではカウンターの隙間を見つけて立ち、まずはオリオンビールで乾杯を!

リュウキュウチャイナと称するメニューには、島ラッキョウ、自家製腸詰、琉球麻婆豆腐などが並ぶ。どれもここでしか味わえないオリジナリティがある絶品ぞろい。

お楽しみには〆の炭水化物メニューだ。オイスターソースなどの旨味をたっぷりと吸ったローメンには、ワインよりビールが合う。温かい麺と冷たいビールがたまらない。渋谷の、深夜のオアシスだ。

甘みがクセになる、大人気の逸品!『たもいやんせ』

神泉

神泉の交差点そばにある宮崎料理の専門店。店名の『たもいやんせ』は宮崎の言葉で「めしあがれ」の意味。その名の通り、宮崎から直送した食材を使った料理が楽しめる。

ビールと一緒にいただきたい「チキン南蛮」は、ダントツの一番人気。お客さんの98%が注文するというから驚きだ。

「うちのは日南風です」と語るのは日南出身の店長。特徴は甘みのあるタレ。鶏自体に甘みを含ませているため、タルタルの酸味との調和が見事。宮崎産の鶏のもも肉は贅沢に300g使っているという。

大人数にも対応できる居酒屋。平日は事前に予約をして訪れた方が無難。宮崎名物の「もも焼」などもおすすめ

卵、ピクルス、玉ねぎ、マヨネーズを使い、スタンダードながら酸味が立ったタルタルソースも秀逸。クリームのような滑らかさで、鶏とよく絡む。

タルタルがたっぷりかかったコクのあるチキン南蛮にかぶりついて、やおらビールを流し込めば、ああ…至福。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo