人気ビストロ『Gyoran gyoran』が八丁堀へ移転し『Brasserie Gyoran 』へ!

ホロホロとした食感の「カッスーレ鴨のコンフィ」¥2,700

あえての古典ブラッスリー。プリフィクスでお得に楽しむ
『Brasserie Gyoran 』

白金のビストロ『Gyoran gyoran』で活躍した羽立昌史シェフが八丁堀に移って開いたのは、パリの香りが漂うブラッスリー。ここで楽しめるのは、シェフが愛する「時代に逆行するようなクラシックなフランス料理」だ。

たとえば赤ワインでマリネしてからコンフィにしたフォアグラの冷製は、インゲンのサラダを添えた伝統的なスタイル。高級食材のカエルは名産地ドンブ産の小ぶりのものを香草でマリネし、注文ごとに素揚げしてエスカルゴバターで和え、プロヴァンス風に仕立てる。

豚の足や耳、ガツと白インゲン豆をじっくり煮込み、1週間かけて作った鴨のコンフィをのせて天火で焼いた「カッスーレ」は、豚の旨みが染みた豆が絶品だ。

コースは前菜と主菜を1品ずつ選ぶプリフィクスで、4600円と6500円の2種類。前菜と主菜を単品で注文した場合の合計がコースの値段となるのだが、コースにはデザートと食後の飲み物が付くので、その分がお得だ。気軽さを謳うビストロが乱立するなか、ここまで手をかけた料理を提供していることが、そもそも希少。

そして、価格が5000円以下というのは、手間暇に比して驚きの良心価格である。

濃厚な味わいを感じる「冷製フォアグラの赤ワイン煮 インゲンのサラダ添え」¥1,900

「フランス ドンブ産カエルのプロヴァンス風」¥2,700。いずれも、フランス料理の伝統に則った伝統的な手法を用いて作られている

写真の料理に好相性の、ブルゴーニュの白と南西部の赤。ワインはボトル¥4,000~

【「Restaurant of the year」緊急アンケート企画】

現在、以下のアンケート企画を実施中です。
ご回答いただいた内容を記事で発表します。ふるってご参加ください。

あなたの一票で決まる!2015年、恋に効くレストランNo.1はどのレストラン?(募集期間:2015.9.12~2015.9.25)


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ