グルメ女子会はやっぱり恵比寿♥テッパン女子会の厳選11店

「馬肉のカルパッチョ」¥3,000はヒレ、タテガミ、フタエゴ、タン、ハツなど5種類が盛り合わせに。稀少なレバーが入る日も

たっぷり食べていいんです♥ヘルシー馬肉は女子の強い味方『フレーゴリ』

恵比寿

馬肉は、グリコーゲンやビタミン類を豊富に含み、牛豚鶏に比べ低カロリー・低コレステロール、なのに高タンパク質で沢山食べても太りにくくいと良いことづくめ。

そんなスーパーミート「馬肉」を使った料理が自慢の恵比寿の人気イタリアン『フレーゴリ』。馬肉は、熊本県出身オーナー・村上伸二氏の地元である阿蘇産の厳選されたものを直送で仕入れる。

訪れたなら必ずオーダーすべき大人気定番メニューは、「馬肉のカルパッチョ」。赤身のヒレ、ヒレと一緒に食べるのがおすすめのタテガミ(首の後ろにある脂肪)、赤身と脂を同時に味わえるフタエゴ(バラ肉)、タンなど様々な部位を塩胡椒とオリーブオイルのみで潔く、シンプルに仕上げる。

また、直球勝負の赤身の美味しさがたまらない「馬ハラミの炭焼き」や「馬くちびるの赤ワイン煮」「馬ホホとアキレスケンのサラダ仕立て」といった珍しいメニューに、「あれもこれも食べてみたい」とわくわくがとまらない♥

「リブアイステーキ骨付」600gは岡山県蒜山牧場のジャージー牛を使用。時期によっては北海道の自社牧場、群馬県神津牧場のジャージー牛を使用する。系列店のVIRONのローズマリーブレッドがセットになっている。メニューは一例

肉好き女子だけじゃない?!パン好きもとりこにする『ゴッサムグリル』

恵比寿

NYスタイルの厚切り豪快ステーキと、グルメバーガーで肉好きの心を魅了する『ゴッサムグリル』。同店では、岡山県蒜山牧場や群馬県神津牧場をはじめ、自社牧場がある北海道で飼育された2歳半~3歳のジャージー牛を味わう事が出来る。

レストラン内の熟成庫で2〜3週間ドライエイジングし、熟成香を極力まとわせずに、肉本来の旨みを引き出すのが「ゴッサム流」。食べ頃を迎えた肉は、炭火で火を通した後、115℃のオーブンで約10分じっくりと焼き上げることで、表面はカリっと芳ばしく、中はしっとりジューシー。

一度味わえば国産牛ならではの上品でまろやかな脂の甘味や、繊細で柔らかい赤身の虜になること間違いなし。週2ペースで通うリピーターがいるというのもうなずける。

同店はバケットの美味しさに定評のある『VIRON』の系列店とあって、パンへのこだわりもピカイチ!!

お洒落な店内は女子会は勿論、デートにもおすすめ♥

パーフェクトです!!焼肉女子会のツボ押さえすぎ『恵比寿焼肉 KINTAN』

恵比寿

ロースターに気付かなければ焼肉店とは想像もつかない程、お洒落なカフェのような空間の『恵比寿焼肉 KINTAN』は、その名の通り、「タン」のメニューで名を馳せている牛肉割烹『金舌』の姉妹店。故に、「熟成KINTAN&黒タン食べ比べ」をはじめ、「タン」のメニューだけで5種類ものメニューがある。

店内入口のショーケースで、銘柄牛の希少部位を2~3週間エイジングしており、熟成肉に力を入れている他、「赤身」「刺し」にもこだわりを持つ。

塊肉なら「シャトーブリアン」を是非。スタッフが丁寧に絶妙な加減で焼きあげた肉は、溢れ出す肉汁と旨味が押し寄せ、悩殺級の味わい!!

ワインにこだわる同店では、「林檎とクレソンのサラダ」「生雲丹のフラン」「レバーパテ」「フォアグラとトリュフの石焼ビビンバ」など、ビストロさながらの本格メニューも楽しめる。

「雰囲気・味・価格」と期待を裏切らず、女子率高めなのも頷ける。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo