魔法のスパイスを炎でファイヤー!アメリカンなハム専門店が虎ノ門に誕生

curated by
日紫喜 康一郎

ハチミツや香辛料を調合した調味料を炎でハムの表面にコーティングする「ハニーベイクド・グレーズ」という独自の技術が間近で見られる!

本日、8月6日に虎ノ門にまた新たな食スポットが誕生した。それが『ハニーベイクド・ハム』。神谷町駅4a出口から徒歩1分というアクセスの良さもさることながら、やはり看板であるハムが凄い。

創業者であるハリー・ジョン・ハンセラーがミシガン州で小さなハニーベイクド・ハムカンパニーを誕生させたのは、半世紀以上前。最高品質の豚の骨付きもも肉を使い、ウッドチップの配合や薫製時間に工夫を加え、それまでにない、肉の柔らかさと旨みを最大限に引き出したハムを作り上げた。

そして、秘伝のスパイスを炎でハムの表面にコーティングする「グレージング」という技法も生み出し、ハムに甘く香ばしい、カリカリとした食感をもたらすことに成功。アメリカで最も愛されるハムとして、その秘伝の製法と味は守り継がれている。

シンプルにハムとチーズとトマト。これだけで充分、旨い!

そんなハムは今までは、ECで購入するしか堪能する術はなかったのだが、このたびリアル店舗ができたことは喜ばしい限り。ランチタイムは、ハニーベイクドハムを使ったプレミアムサンドイッチが楽しめるように(サラダ、スープ、フライドポテトがついたプレートが¥1,250〜)。

このプレミアムサンドイッチは、もちろんテイクアウトも可能なので(¥700〜)、オフィスに持ち帰って自席で食すのもあり。下手な定食を食べるより、こっちの方がお得で美味しくて、体に安心。

お酒のお供の代表格、ポテトサラダもいい。ワインやクラフトビールが進む!

ディナータイムは、イートインスペースにて、アルコールも楽しめる。スライスハム(100g¥700)を皮切りに、ポテトサラダやクリームコロッケ、スパニッシュオムレツなどメニューも豊富だから飽きない。

ちなみにランチタイムとディナータイムの間には、ブルーベリーマフィン(¥350)やスペシャルパンケーキ(¥1,200)など、アメリカンなデザートも頂ける。

オープン日前日のレセプションには多数のプレス関係者が!注目度の高さを物語る

日本で珍しい骨付きハムを気軽に楽しめるお店は、色々なシーンで重宝するだろう。「サク呑み」、「女子会」、「激忙な昼間のランチテイクアウト」など、虎ノ門のビジネスマン、OLに朗報だ!

ハムにしてはちょっとリッチ、ただそんなプチ贅沢が、日々の生活を豊かにすることは間違いないだろう。


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ