渋谷二丁目に密集する美味い店8選

青山学院大学のそばの渋谷二丁目のエリアは、グルメなら押さえておきたいレストランがなぜか多く集まっている。渋谷駅や表参道駅から徒歩で10分くらいかかる立地だが、「わざわざこの店に足を運びたい」と思わせてくれる名店ぞろいなのだ。閑静で落ち着いた雰囲気で、お店もお客もこだわりがある「渋谷二丁目」の大人向けレストランをご紹介しよう。

カウンター席前の鉄板で焼き上げるステーキは、単品で80g からオーダー可能。サーロイン、ヒレやシャトーブリアンも用意

名店の味をお手頃価格で!厳選山形牛の店『加藤牛肉店 シブツウ』

渋谷

言わずと知れた肉の名店『加藤牛肉店』が支店をオープンするのに選んだのもこのエリアだった。

渋谷2丁目の住所にちなんで名づけたという『シブツウ』では、『加藤牛肉店』を象徴する山形牛の雌牛のステーキや自家製のシャルキュトリーをリーズナブルに味わうことができる。

予約が取れない人気の銀座店はコースが主体だが、こちらはアラカルトのみの提供。

ポーションを少なめに設定し、コロッケやメンチカツなどの惣菜類を充実させることで、もっとカジュアルに山形牛を楽しんでもらいたいという思いを実現させた。一度は足を運んでみたい店だ。

炭焼コンフィのメニューは和牛イチボ(写真)のほか、スペアリブ、トンテキ、合鴨のもも肉、ポークミートボールなど全6種

炭焼きコンフィとワインの鉄板マリアージュ『マルザック』

表参道

このグルメエリアでも常に満席の繁盛店がこちらの『マルザック』今夜は肉で飲もう!という気分の時に訪れたい店だ。

店名には「炭焼コンフィとワインの店」と冠されている。超人気店ゆえ、あらかじめ予約するのが無難だが、スタンディング席もあるのでこのエリアのはしご使いで、気軽に立ち寄ってみるものもアリかもしれない。

メイン料理の中でも人気なのが、「和牛イチボの炭火コンフィ」。「炭焼コンフィ」とは、肉をラードやオリーブオイルなどの油で食材をじっくりと煮てうまみを閉じ込めた後、最後に炭火でパリっと炙るこちらの人気の製法。和牛の旨みが口の中で弾け、赤身独特の噛みごたえも抜群だ。

黒板の「本日のグラスワイン」の中から選べる赤ワインも、リーズナブルなのに味わい深く、心地良く牛の脂を流してくれる。

〆の定番「ローメン」。豚挽肉、紹興酒、鶏ガラスープ、オイスターソースの旨味を吸った麺の味は、やみつきになる

沖縄×中国のハイブリッド料理『琉球チャイニーズ TAMA』

渋谷

閑静なこのエリアで深夜でもにぎわっている人気店がこちらの『琉球チャイニーズTAMA』。沖縄出身の母と中国出身の父を持つオーナーシェフの玉代勢さんが、実家の家庭料理をベースにアレンジした料理が評判の店だ。

入口付近にカウンター席があり使い勝手が抜群。奥のテーブルが空くまではカウンターの隙間を見つけて立ち、まずはオリオンビールで乾杯を。

リュウキュウチャイナと称するメニューには、島ラッキョウ、自家製腸詰、琉球麻婆豆腐などが並ぶ。どれもここでしか味わえないオリジナリティがある絶品ぞろい。

お楽しみには〆の炭水化物メニューだ。オイスターソースなどの旨味をたっぷりと吸ったローメンには、ワインよりビールが合う。温かい麺と冷たいビールがたまらない。この店は渋谷二丁目を明るく照らす深夜のオアシスだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ