東カレ的「上質な暮らし」ってこういうこと!とある都民の休日

「上質な暮らし」ってなんだろう?

もちろん決まりきった答えはないと思うけど、「自分なりの満足感」を得られるのがポイントなのは間違い無さそう。

仕事や趣味だけでなく、洋服、スポーツ、レストラン、お酒など、それなりにお金をかけて自分なりに楽しみ、生活のひとつひとつをグレードアップすることで、きっと毎日が変わるはず。

そんな考えに基づいた「上質な暮らし」のひとつの例として、とある東カレ読者であるインターネット企業経営者(35歳男性・目黒区在住)の日曜日を覗いてみましょう。

あなたはどんな休日を過ごしていますか?

6時に目覚め、旧山手通りを朝ラン

『ラ・トゥール青葉台』で暮らし始めて早一年。気候が暖かくなってきたこの季節は、自然に朝6時には目が覚める。

旧山手通り沿いを朝ランニングする。けっこう走りはするが、ストイックなランニングスタイルよりも、そのままお店にも入れるカジュアルなスタイルが信条。いまのお気に入りは、エバーラストのパーカに、ディアドラのスニーカーだ。

ランニングがてら開店直後7時台の代官山蔦屋に立ち寄る。店内の椅子に腰掛け、表紙が洒落た洋書に目を通す。

帰りには『シェ・リュイ』で朝ご飯用のパンを買って帰る。こんな何気ない朝が1日のはじまり。

ランニングの後は、熱いシャワーで一気に身体を覚醒させる。そして紫外線を浴びた皮膚には、SKⅡ for MEN。肌に潤いを与えてやる、ご褒美だ。

ランチは、あえて食べログの評判を気にしない店探訪が楽しい

ランチ開拓のためにいちいち食べログを調べていたこともあるけど、今は東カレで紹介されたお店に入るのが好き。

特に最近は食べログの点数が低いお店を開拓するのがマイブーム。もちろん外れることもあるけど、毎回ドキドキできるし、知ってるお店が増えるのはコレクションみたいで楽しい。

今日は中目黒『Tast ê AND Sense』へ。ここは食べログ3.18だけど、珈琲が美味しい。ウッディな内装がカフェらしくもあるが、夜はビストロにもなる。こうした日曜のランチで訪れることもあるが、ロッジのような半個室もあり、夜にカジュアルなデートで選ぶことも。

食べログなどの他人の尺度に揺るがされないのが、東カレ的上質な暮らし。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ