東京カレンダーが太鼓判! 未来に残したい名店たち Vol.48

デュ バリー

du Barry

フレンチの神髄を押さえた
隠れ家的ビストロ

店内はナチュラルなカフェスタイル。コースはプリフィックススタイルで¥3,900、¥4,800、¥5,300、¥6,200の4種類

食の欲求を満たす
食べ応えあるフレンチ

素材の味をシンプルに生かしたフレンチが時流の中で、『デュ バリー』は"食の欲求"を満たすことを最大の目的に掲げ、食べ応えあるメニューを提供するビストロだ。たとえば、フォアグラと味来とうもろこしのテリーヌ。前菜でありながら甘味、旨みがぎゅっと凝縮され、高い満足度がもたらされる。また、牛ロース肉とリードヴォーのベーニェは、ジューシーに仕上げた仔牛がコクのあるマデールソースと絡み、食欲を優しく満たしていく。

店の厨房を率いるのは、乃木坂の老舗フレンチ『レストランFeu』で腕を磨いた山田勝好氏。クラシックなビストロ料理のみならず、さまざまな表情を持った斬新なメニューを自在に生み出すのが、氏の真骨頂だ。

ゆったりと寛ぎながら、日常の延長として使えるように、店内はウッドを基調とした落ち着きのある雰囲気。過度な演出やデコラティブな料理は避け、ゲストが自然でいられる空間を目指している。今夜は気取らずに、食べることの喜びを心ゆくまで満喫してはいかがだろう。

左.シェフ・山田勝好氏。大阪あべ野辻フランス料理専門カレッジ卒業後にフランスへ。帰国後、乃木坂の老舗フレンチ『レストランFeu』へ入店。同店で副料理長まで務め、2010年から『デュ バリー』のシェフに。斬新なメニューを自在に生み出すのが特徴。

右.フォアグラと味来とうもろこしのテリーヌ。重すぎないバランスの取れた仕上がり

マンゴーの冷たいリゾット ココナッツソース。ココナッツの心地いい風味が魅力

牛ロース肉とリードヴォーのベーニェ。食感の異なる仔牛の胸腺肉とロース肉を堪能できる。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京カレンダーが太鼓判! 未来に残したい名店たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ