美味い、安い、お洒落!カウンター革命勃発 Vol.4

ヨギ

夜木

ワインと惣菜、ふたつの魅力を持つカウンター

恵比寿の人気店『アルマ』の姉妹店が今年7月、同店からも徒歩3~4分の渋谷橋交差点付近にオープンした。通りから見た様子は立ち飲みの客で賑わうカジュアルなワインバー。だが奥に進むと、オープンキッチンに面したカウンターが現れる。

食事をゆっくり楽しむなら迷わず奥の席を陣取り、まず目の前に並ぶ惣菜から注文を。お浸しに煮物、焼き物など色々並び、ここだけで目移り必至だ。さらに黒板を見るとレバームースなどワインのアテから、コロッケ、パスタと何でもある。旬魚の刺身だってちゃんと。厨房に立つ中村啓太郎料理長と話しながら、好物を、続いておすすめを、なんてしていると、あっという間に夜が更けていく。

「初めは長い1本のカウンターにし、スタンディングのみで、と考えていました」と話すのは店長の細川伸也氏。

「でも、待ち合わせに使えて、食事もでき、深夜も1杯から寄れる。そんな店こそ、求められると思い。それから今までにない店を作ってみたかった」

確かにひとつの店にキャラ違いのカウンターがふたつ。これはやはり、ユニークだ。食前や食後にバースペースを使うなど、店内ハシゴも可能。しかもラストオーダーは朝4時。バーは午後3時オープンと使い勝手も申し分なし。これは流行るでしょ。

ワインは10種600円~グラスで用意。イタリア、フランス中心のリストに、今後は日本ワインも充実させていくとか。また1軒、素通りできない店が増えてしまった、ということだ。

左.入口側、バースペースにも16席のスツールが並ぶが、夜はスタンディングのゲストでいっぱいに

右.海鮮いちご飯¥1,000。ウニと鮑を使った青森の郷土料理いちご煮を炊き込みご飯に仕立てた逸品

秋刀魚の白板昆布巻き¥700。秋刀魚のマリネと焼き茄子を昆布巻きに。トマトのジュレを添えて


東カレアプリダウンロードはこちら >

【美味い、安い、お洒落!カウンター革命勃発】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ