肩肘はらない、気軽なごはん Vol.4

ルシャスリヨン

Le Chat Souriant

ルシャスリヨンの
ホットビーフカツサンド

¥1,300。食パンは片面のみトーストしてカツとの一体感を実現。一番おいしい耳もあえて残している

カツの厚み2センチ!

香ばしくトーストされたパンから、はみ出さんばかりの熱々ビフカツ。ワイルドなルックスとは裏腹に、肉は柔らかくソースは上品。パンとの相性も抜群だ。

素敵な二面性を持つ、このサンドを供しているのはフレンチの名店『レカン』が手がける『ルシャスリヨン』。1階はカフェビストロ&ワインバー、2階はレストランの新スタイルを提案。料理はもちろん空気感まで変えて、多様なニーズに応える利便性を追求している。

件のサンドは1階のディナータイムで提供中。シェフ・渡邉幸司氏によればソースは「キャラメリゼした砂糖をヴィネガーでとめ、フォン・ド・ヴォーやフォン・ド・ヴォライユと合わせて煮詰めている」とのこと。食パンは北海道産小麦で専用のレシピを考案、自社工房で焼き上げている。肉は赤身と脂のバランスが良いミスジ。粗めのパン粉で揚げ、ソースをしっかり受け止める工夫も施している。

「レカンのアイデンティティは守りつつ、フレンチの枠を超えた提案をどんどんしていきます」。技法は王道、けれど、仕上がりはカジュアル。このビフカツサンドには硬軟の二面性も宿っている。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【肩肘はらない、気軽なごはん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ