何ヵ月待ってでも食べたい あの、スペシャリテ Vol.3

レストラン バカール

restaurant bacar

肩肘張ることなく
摘んで食べる旬野菜

日本各地から取り寄せた有機野菜と能登産ズワイガニとカニ味噌の“フレンチ”バーニャカウダ¥2,700

Bagna Càuda

『バカール』が提案するのは“気軽に楽しめるフレンチ”。「一品目から手で摘んで召し上がっていただくことで、自然と肩の力が抜け、その後もリラックスした時間をお過ごしいただけます」とシェフ石井真介氏は語る。だから一品目のバーニャカウダこそが、この店では“スペシャリテ”なのだ。

それだけに細部にもおおいなる工夫を施す。ソースにはズワイガニのカニ味噌を使い、バターと生クリームを加えフレンチ風に。そのソースとデュオを組むのが、珍しいピンク色の赤蓮根、宇陀金ごぼう、坊ちゃんかぼちゃなど、国内外問わず厳選した約20種類の旬の野菜たち。

濃厚ソースの深みが野菜本来の旨みを引き出し、口の中で幾重にも広がる。羽化登仙の境地とはこのことだ。現在、店の予約は2ヵ月待ち。だが、その価値は充分にある。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【何ヵ月待ってでも食べたい あの、スペシャリテ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ