ニューノーマルな男と女 Vol.12

バリキャリ女がハマった南国の王子様。東京で同棲を始めると、次第に彼の本性が現れて…?

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:タワマン上層階に住む専業主婦。自粛の息抜きにバイトをしたら、職場の男とまさかの展開に


Act.12 1,800kmの織姫と彦星

2020年10月


コバルトブルーの海に、どこまでも続く青い空。

白い砂浜にふりそそぐ太陽の光…。

『ウルフギャング』からタクシーでデリバリーされたTボーンステーキを味わいながら、渡辺涼音は遠い南の島に思いを馳せていた。

「去年はハワイで食べたんだよね…次行けるのは、いつになるのかな…」

10年前、大学の卒業旅行で初めて南国のビーチリゾートを訪れて以来、その魅力に取りつかれた涼音。

ハワイはもちろん、セブ島にパラオ、ボルネオにモルディブ。国内でも奄美大島や石垣島、そして宮古島…数えればきりがないほど、国内外のあらゆる場所へ訪れた。

休みのたびに世界各地のリゾートを訪れ、ラグジュアリーなコンドミニアムや高級ホテルに泊まり、贅の限りを尽くすのが恒例となっていた。

なかでも、宮古島は国内という気軽さもあり、年に1回は訪れているお気に入りの場所だ。

もはや、旅行のために働いている状態の涼音。広告代理店の営業として昼も夜もなく働けるのは、このご褒美があるからと言っても過言ではない。

しかし、このコロナ禍…。

涼音の南国成分は、もはや飢餓状態だ。

沖縄には行こうと思えば行けるが、お気に入りの店も休業。歓迎されていない状況で旅行するのも忍びない上に、十分楽しめないのは痛い。

― もう、我慢できない…!

涼音はこの苦しみを解放させようと、SNSで愚痴ることを思い立つ。

すると、開いたパソコン画面には、宮古の青い海が広がっていたのだった。

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo