今やどの国にもある国民食!? 中国、インド、タイ、韓国料理 Vol.5

レイリン

礼林

誕生日の定番料理
懐かしい韓国の味

韓国人は麺でも、カレーでもなんでも混ぜる。粗挽きの一味唐辛子をかけたら、両手で箸を使って麺と味噌をよく絡ませる。味に変化をつけたいときは酢をかけて

자장면【 チャジャンミョン 】

最初に訪ねたのは、ほんのりディープゾーン。赤坂通を越えた小さな路地の1軒。セレクトも、まさに「韓国人ヒョンギだから知っている」感じ。出てきたのは、チャジャン麺。日本では珍しい韓国式中国料理の代表格だ。

日本のジャージャー麺と見た目は似てなくもないが、上にかかった味噌がもっと黒い。どちらかというと真っ黒。中国のチュンジャという甘めの味噌を豚肉、玉ねぎとともに炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけて麺にかける。発祥は中国で、韓国でも中国料理として認識されているが、味噌をご飯や炒飯にかけるなど韓国独自の発展を遂げた。

「小さい頃、誕生日になるとチャジャン麺。韓国の子どもが大好きな料理だよ」とはしゃぎながら、ヒョンギ流の食し方を指南。「麺と味噌を混ぜるのが基本。混ぜる前に、唐辛子をかけてね。一緒についてくるたくあんには酢をかけて!」。

礼林で食べられるのは、スタンダードなタイプ。具の玉ねぎは、ここの主人が毎日何十個も刻むのだが、その作業だけは絶対他人に任せないのだとか。「玉ねぎの大きさで味噌の味が変わるからね」。チャジャン麺、実は玉ねぎがミソ?

右. 赤坂のチャジャン麺といえば、礼林。ヒョンギは、酒を呑んだ次の日や、味の濃いものを食べたくなるとここらしい 左上 チャジャン麺¥1,000 左下 たくわんと生の玉ねぎはチャジャン麺に欠かせないとも。こちらにもチュジャンがついてくる。たくわんには酢を


東カレアプリダウンロードはこちら >

【今やどの国にもある国民食!? 中国、インド、タイ、韓国料理】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ