29歳のヒエラルキー Vol.3

化粧室で聞こえてきた、後輩たちが話す声。自分の噂話を耳にしてしまった女は、思わず…

29歳。

それは、女にとっての変革の時。

「かわいい」だけで頂点に君臨できた女のヒエラルキーに、革命が起きる時──

恋愛市場で思うがままに勝利してきた梨香子は、29歳の今、それを痛感することになる。

ずっと見下していた女に、まさか追いつかれる日が来るなんて。

追い越される日が来るなんて。

◆これまでのあらすじ

梨香子は、自分の引き立て役として幼馴染の絢を食事会に誘った。かつでは地味だった絢が、妙に色っぽい姿で登場する。そして梨香子は、その食事会でとある男性から食事のお誘いがあったことを絢に報告すると…

▶前回:地味な女友達を、脇役のつもりで食事会に呼んだら…。「この子、いつもと違う」と女が焦った理由


―2019年6月―

その食事会からの帰り道、私は完全に浮き立っていた。

人通りの少ない閑静な住宅街でも、AirPodsで音楽を聴きながら歩けば、ランウェイを歩いているような気分。

智司さんからは、終始熱い視線を感じていた。経験からわかる。間違いなく、彼は私にかなりの好意を抱いている。

そして、同席していた絢は少しあか抜けていた感じがしたけれど、男性陣からは大して興味は持たれていなかったはず。

素敵だと思った男性から送られたサイン。そして、絢に対する優越感。この2つが、私を最高の気分にさせた。

智司さんへのLINEを返すより先に、その気分と勢いに任せて絢に連絡をした。

<梨香子:絢、今日は来てくれてありがとうね!智司さんから、食事誘われちゃった!>

すぐに既読になった絢とのトークルームを見つめながら、どんな賛辞をよこすかと浮かれ歩いていた自分が…今となっては恥ずかしい。

現実は、想像の斜め上から切り込んでくる。

【29歳のヒエラルキー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo