「フォアグラ鯛焼きって知ってる?」の誘いに心躍る!遊び心満載なフレンチを発見!


一流のレストランには、いつも遊び心とサプライズがある。恵比寿の名フレンチ『マノワ』もそのひとつ。

名店で培ったエレガントなサービスと遊び心、そして上質なジビエ料理という他にない組み合わせで、グルメな大人たちを楽しませるのだ。

王道のフレンチを食べ歩いた大人なら、次は新しき世界のドアを叩きたい。

思わず笑みがこぼれる“漆黒の鯛焼き”って何?

フレンチと聞けば、背筋を正し、おしとやかに、というイメージ。しかし、ここ『マノワ』の空気は少し違う。

それはなにより、料理における遊び心が格別だから。ことにインスタを賑わす「黒い鯛焼き」の皿が登場すれば、テーブルからは必ずや小さな歓声があがり、一気に会話が盛り上がる。

「北海道白根町・さやあかねの黒いフォアグラたいやき」は、鯛の後ろにフォアグラ、トリュフ、無農薬のさやあかねのピュレが隠れている贅沢な逸品。

パリパリした皮を崩し、混ぜながら食べても美味しい。

豪奢な空間の中、エレガントな接客にリラックスして楽しめる

オーナー・ソムリエの中村豪志さんは、西麻布の『ル・ブルギニオン』、広尾の『ア・ニュ』などを経験したサービスマン。

シャンデリアのさがる豪奢な空間で、彼のエレガントな接客と柔らかな雰囲気につつまれれば、ゲストもおのずと心地よく贅沢な気持ちになる。

ジビエのイメージをひっくり返すシェフのこだわり

さらに、中村さんがハンターの経験を持ちジビエを知り尽くしている点も、特筆しておきたい。

長年の経験と目利きで仕入れたジビエの質の良さは東京随一。

繊細な火入れや骨で取ったジュ(出汁)を加えたソースなど、料理には王道のフレンチの技法が駆使され、その美味しさはジビエの概念を覆す。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

自然の恵みを感じる美しいひと皿にワクワクが止まらない!

この日の前菜は「蝦夷アワビの冷製と蝦夷鹿のコンソメジュレ」。

一頭まるごと仕入れる蝦夷鹿のさまざまな部位からコンソメをとるので、余すところなく鹿の滋味を味わえる。

岩見沢の根セロリのムースとアワビの上にそのコンソメのジュレをかけ、花を散らして。

自然の恵みを感じる美しいひと皿だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo