男と女の答えあわせ【Q】 Vol.23

「一晩だけの女だったの?」3回目のデートで家に泊まった女に対して、男が思っていたコト

男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?

▶前回:10日間、家から姿を消した妻。夫の知らぬ間に、彼女がナイショでしていた事とは…


「朋子ちゃんとは、良い友達でいたいと思うんだ…」

潤とは3回ほどデートをし、先日ついに結ばれた。しかし体の関係まで持ったのに、次に会った時、私はこんなことを言われてしまったのだ。

「え?でもこの前…」

日曜の夕暮れ時のカフェ。

オープンテラスではあったものの混んでおり、堂々と“体の関係も持ったのに!”と言うのはさすがに憚られる。ショックだったが私もいい年だし、それくらいの常識はあった。

「ごめん。一緒にいる時は楽しかったんだけど、交際とかは考えられなくて。ごめん」
「そんなことをわざわざ言うために呼び出したの…?」

人の気持ちはコントロールできないし、交際相手として何かが違う、と思ってしまったこと自体は、仕方がない。

だが私が一番気になったのは、今時珍しく、LINEや電話で伝えたりはせず、フェードアウトもしなかったこと。彼は律儀に面と向かって私にそう伝えてきたのだ。

単に誠実だからなのかもしれないが、こうして呼び出すということは、もう私に会いたくもないというほどではないようだ。

それに、相性も良かった。

この日は“付き合えない”と宣言されたものの、その後、LINEをすればきちんと丁寧な返信がくる。

男性はわかりやすい生き物だという。本当に一切興味がなければLINEだってスルーするだろうし、フェードアウトすればいいだけの話。

だから私は諦めきれずにいるのだが、今後もう可能性は全くないのだろうか?

【男と女の答えあわせ【Q】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo