こんなに暑い日は蕎麦で決まり!昼からつまみとしっぽり飲める粋な店5選

暑い…、暑すぎる…。こんな日は粋な蕎麦屋で冷やを一杯たしなんで、最後はツルっとせいろで〆るのが至福だ。

そんな時にはつまみが充実した店なら、本格的な和食とともに昼酒も肩ひじ張らずに楽しめる。

蕎麦好きも日本酒好きも絶対に喜ぶ、東京の名店をご紹介しよう。

「クルミだれせいろ」

名物クルミだれせいろと豊富なメニューが魅力『青山 川上庵』

昼から蕎麦屋でゆったりデートも可能なほど、読者にオススメなオシャレ蕎麦店がこちら。

『川上庵』といえば、昼も夜もつまんで飲めて楽しめる蕎麦酒場の人気店だ。

表参道からすぐの『青山 川上庵』のほか、麻布にも店があるので、デートならぜひ覚えておきたい店だ。

「新鮮野菜と鮮魚のカルパッチョ」、「冷やし茄子の山かけ」

魅力は蕎麦屋らしい粋な酒のつまみから、満足度高い肉や魚料理、デザートまでそろう豊富なメニュー。

しっかり食事したいとき、蕎麦と軽いアテで済ませたいとき、どちらにも対応できる使い勝手のよさが人気だ。

ここに来たらぜひ蕎麦前に、つまみもたしなんでほしい絶品ぞろいなのだ。

ジャズが流れるシックな店で〆そばを。ワイン、焼酎、日本酒などアルコール類も豊富

特注の石臼で自家製粉したそば粉で打つ二八そばが旨いことは、言うまでもない。

名物のクルミだれとともに頂けば、コク深い味わいに満足感たっぷり。また絶対に再訪したくなる名店だ。

カウンターは檜の一枚板。椅子は“世界一座りやすい”ともいわれるカール・ハンセンのYチェアを採用。すぐにリラックスできるので、おのずとお喋りも弾む

蕎麦を軸にした和食コースをたっぷり楽しめる『いち太』

隠れ家といえば、小径沿いに立っているのが通例だ。

しかし『いち太』の入る建物は、外苑西通りを曲がった道からさらに敷地内のアプローチを経た所に立地。そんなロケーションは、店主の佐藤太一さんが独立の際に自ら見つけたとか。

そんな隠れ家で、蕎麦を盛り込んだ満足度抜群なコースをじっくりと頂けるのがこの店の魅力だ。

秋田のじゅんさい、北海道のバフンウニを添えた先付け。ゼラチン質がしっかりした最高峰のじゅんさいは、暑い日にぴったり

料理は流行にとらわれず佐藤さんの好きな食材を最善の状態で提供。

「自分が好きなものならその食材の良さを表現しやすい」というまっとうな理由をもつ。

苦味がしっかりしているのに食べやすい岐阜県長良川の鮎。右はとうもろこしのかき揚げ

例えば佐藤さんは肉をあまり食べないので、肉の比率は低いが、肉がないことを忘れるほどの凄い魚を出す。

夏なら長良川で獲れた鮎の塩焼きを食べれば、焼き魚の完成度の高さに驚くだろう。

〆の蕎麦は、提供の10分前に店内で打つというこだわり

〆の定番は店内で石臼を回して作る蕎麦。蕎麦は茨城の常陸秋蕎麦を産地から直送で取り寄せ、提供される約10分前に打つというこだわりようだ。

そんな美食と、店主が厳選したという日本酒を合わせればきっと酔いも早まることだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo