休日は早め時間から恵比寿でちょっと飲もうよ!昼下がりにサクッと飲める人気店4選

「刺身盛り合わせ」(1人前1600円)※写真は2人前

昼から日本酒を楽しみたいなら
恵比寿の隠れた人気店『麦酒庵 恵比寿店』がイチ押し

恵比寿駅から徒歩3分。ビル7階に位置する『麦酒庵 恵比寿店』は、日本酒好きが密かに通う人気店である。

土日祝は15時~利用可能!平日でも予約をすれば15時~飲み始められるのが嬉しい。

たまには家じゃなく、しっぽりとプロの和食でいい日本酒を傾けたい日に足を運びたい店だ。

「珍味三種盛り合わせ」(1,500円)

同店の魅力は、料理と日本酒のマリアージュの完成度の高さにある。

ただ料理に合う日本酒を探すのではなく、季節やその年毎に微妙に変化する食材の味わいを敏感にとらえ、少しずつ合わせる日本酒を変えていくのだ。

「十四代ペアリングセット」

そんな料理と日本酒のマリアージュを自宅でも楽しんで欲しいと、テイクアウトメニューには4種類のペアリングセットも用意。

「十四代本丸ペアリングセット」(3,500円 ※十四代本丸1合付き)や、「鍋島ペアリングセット」(3,500円 ※鍋島1合付き)など、自宅で手軽にペアリングを楽しめるのが嬉しい。

まだ日本酒を飲みなれてない人も、数々の日本酒を飲み尽くしてきた人も満足できること間違いなしの『麦酒庵 恵比寿店』は、抑えておきたい名店のひとつだ。

「小籠包3種盛り 豚肉・ホタテ・蟹みそ各2個入り」(1,160円+税)

世界の美食家が認めた味を気軽に堪能
『鼎泰豐アトレ恵比寿店』

アトレ恵比寿西館7階に位置する『鼎泰豐アトレ恵比寿店』。

駅から外に出ずとも、気軽に本場の小籠包が楽しめるのはやっぱりうれしい。

最大の特徴は薄い皮。一つ一つ丁寧に18のひだを折り、肉を包んでいく。肉は団子状にせず、口に含んだ瞬間ほろほろとなくなるのもおいしさの秘密。

豚肉とスープになるゼラチンを計算された練り時間で混ぜることにより、この独特の食感を生み出しているという。

「トリュフ入り小籠包」(4個 1,800円+税)にはワインが最適

豚肉だけでなく、蟹みそや日本でしか味わえないホタテ入りなども揃う。

台湾本店でも人気の「トリュフ入り小籠包」は必食。イタリア産のトリュフをふんだんに使用した贅沢な味と豊かな香りは、小籠包の域を超えた味である。

また小籠包だけでなく、麺や前菜、一品料理も豊富。

ぷりぷり食感の海老とチンゲンサイ、たけのこなどがのる「えび麺」は、あっさりとしたスープで小籠包後の胃にもすんなりと入っていくだろう。

「えび麺」(1,200円+税)

11:00~22:00まで営業しており、時間を気にせず利用できるのも魅力で、遅めのランチや早めのディナーなど幅広いニーズに対応してくれる。

本場台湾の味を楽しみたい日にぜひ訪れてみて欲しい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo